ティワーリー監督「笑いと感動にあふれた映画」映画「きっと、またあえる」8・21公開 | TV LIFE web

ティワーリー監督「笑いと感動にあふれた映画」映画「きっと、またあえる」8・21公開

映画
2020年08月20日

映画「きっと、またあえる」

8月21日(金)公開の映画「きっと、またあえる」で監督を務めるニテーシュ・ティワーリーの日本公開へ向けてのメッセージ映像が解禁された。

本作は「ダンガル きっと、つよくなる」などのニテーシュ・ティワーリー監督の最新作。インドの工科大学の学生寮を舞台に、主人公・アニと仲間たちの笑いと涙、永遠の友情を描き、アニたちが大学生活を送った90年代と親世代になった現代、2つの物語が展開される。

公開された映像では、監督とともに脚本も手掛けたティワーリー監督が自己紹介の後、家族で訪日した際に受けた温かいもてなしやサービスについて語る。そして「私が日本で感じたような愛と歓迎されている気分を、間もなく公開になる『きっと、またあえる』で感じていただけるでしょう」とコメント。

脚本は監督の大学時代のエピソードを基に作られており、本作に登場する個性豊かなキャラクターやハプニングにあふれた寮生活などもその一部。最後に「笑いと感動と大学の思い出が詰まった映画であり、人生の教訓を知る映画です」とPRしている。

この記事の写真

作品情報

映画「きっと、またあえる」
2020年8月21日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで公開

<STORY>
受験生の息子が病院に担ぎ込まれた。そこに集まったかつての仲間たち7人。年を重ねて、太ったり容姿もだいぶ変わったけど、学生時代に泣いて笑ってバカをやったあの日の友情は変わらない。親友アニの受験に失敗した息子を励ますため、悪友たちは「負け犬時代」の奮闘を病室で語りだす。90年代、インドでもトップクラスのボンベイ工科大学に入学したアニ。しかし振り分けられたのはボロボロの4号寮。気のいい先輩や愉快な仲間はいるが、そこは寮対抗の競技会で万年最下位で、他の寮から「負け犬」と呼ばれていた。しかし今年はなんとしても汚名を返上する。そのためには、バスケ、サッカー、重量上げ、カバディ、チェス、ボードゲームと多種の試合に勝てる選手を用意する必要があった。4号寮は実力はないが、知恵とやる気とチーム力であらゆる手段を使い勝ち抜いていく。だが敵も黙ってはいない。果たして、勝利を手にすることはできるのか、そして彼らが最後に得たものは…。

<STAFF&CAST>
監督:ニテーシュ・ティワーリー
出演:スシャント・シン・ラージプート、シュラッダー・カプール、ヴァルン・シャルマほか
配給:ファインフィルムズ

公式サイト:www.finefilms.co.jp/chhichhore/

ALL RIGHTS RESERVED
ALL COPYRIGHTS, TRADEMARKS, DESIGNS AND OTHER INTELLECTUAL PROPERTY RIGHTS WITH RESPECT TO THIS CINEMATOGRAPH FILM EXCLUSIVELY VEST WITH NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PRIVATE LIMITED. ANY UNAUTHORISED REPRODUCTION, COPYING, BROADCASTING, PUBLICATION, PERFORMANCE, ADAPTATION OR USAGE IS STRICTLY PROHIBITED AND MAY AMOUNT TO INFRINGEMENT OF RIGHTS OF NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PRIVATE LIMITED.