「ソニア ナチスの女スパイ」公開記念イベント開催!LiLiCo「根本にあるのは普遍的な絆」 | TV LIFE web

「ソニア ナチスの女スパイ」公開記念イベント開催!LiLiCo「根本にあるのは普遍的な絆」

映画
2020年08月21日

二重スパイとしてナチスに潜入した女優の驚愕の実話を映画化した「ソニア ナチスの女スパイ」が、9月11日(金)より全国公開。それに先立ち8月20日(木)に、東京・秋葉原のアキバシアターで公開記念トークイベントが行われ、映画コメンテーターのLiLiCoと国際ジャーナリストの山田敏弘が参加した。以下、オフィシャルレポートを掲載する。

今月上旬に雨で滑って転倒し、左膝を負傷したLiLiCoは松葉杖姿で登場。怪我の加減を聞かれると「ダメです、痛いです!」と訴えつつも、「でも仕事が好きでこの映画の魅力もお話したかったので、病院の先生に『早く出して!』とお願いしました。退院したらめっちゃ外が暑い!」と重症とは思えぬ、はつらつとしたオーラで挨拶した。

しかも声帯手術後の大怪我ということもあり、“二重スパイ”ならぬ“二重の困難”を体現。それを指摘されると「しばらくお酒は飲めないけれど、ソニアと乾杯!」と笑い飛ばし「たしかにソニアみたいに二重か…。日本人は紐づけが上手いな!」と妙に感心していた。

本作を鑑賞したLiLiCoは「難しいテーマだと思って構えてしまいがちだけれど、芸術の秋だし、映画の秋なので頭をフルに動かして物語に浸ってほしい。それに根本にあるのは親子や家族の普遍的な絆。ソニアの人生の一部を共にできて凄く勉強になりました」と魅力を熱弁。

スパイを広く知る山田も「スパイの生態と生き様が生々しくてリアル。これぞ本当のスパイ映画。様々な人間模様を見ることができます」と太鼓判を押していた。

父親をナチスの強制収容所から解放するためにスウェーデンとドイツの二重スパイになった人気女優ソニアの姿にLiLiCoは「これが泣けるのよ!」と感涙報告。「会えない葛藤もそうだし、超オシャレだったお父さんがボロボロになった姿を見ただけで泣けてくる」と心揺さぶられた様子だ。

山田曰く、第二次世界大戦当時のノルウェー・オスロでは多数のスパイが活動していたそうで「この時代には世界中から大量のスパイが投入され、水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていました。探り合いとだまし合い。ドロドロしていたイメージがあります」と、本作のストーリーの説得力に唸っていた。

自身のスパイとしての素質について「この派手な顔がスパイに向いているかどうか」と首をかしげるLiLiCoだが、山田から「スパイに成り切り、素性を隠して嘘を突き通せる人がスパイ向き」と聞くと「ならできます!だって私はずっと日本でLiLiCoを演じているわけだから」と前のめり。

さらに「私はアイドルを目指して日本に来たの。今もアイドルを目指している途中ですから。…笑わないで!」と野望を明かしていた。

また、ナチスの高官と心優しい青年外交官との間で揺れ動くソニアの女心について聞かれると「いやだ〜!全然わからない!だって私スパイじゃないもん!」と悩むも、「普通の社会に置き換えれば、恋をしてはいけない相手に恋をする経験って誰にもあるはず。そっちの方が凄く燃える。しかもスパイだと毎日が駆け引きなのよね?本当のことを言ってはいけない感はワクワクするわぁ」と野獣LiLiCoが頭をもたげて舌なめずりしていた。

<公開記念概要>

「ソニア ナチスの女スパイ」公開記念イベント
2020年8月20日(木)東京・秋葉原 アキバシアター

登壇者:LiLiCo、山田敏弘

<作品情報>


「ソニア ナチスの女スパイ」
2020年9月11日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督:イェンス・ヨンソン
脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ヤン・トリグヴェ・レイネランド
出演:イングリッド・ボルゾ・ベルダル、ロルフ・ラスゴード、アレクサンダー・シェーア、ダミアン・シャペル

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
後援:ノルウェー大使館

<WEB>
公式サイト:http://sonja-movie.com/
公式Twitter:@sonja_movie

© 2019, The Spy AS BR•F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark – All rights reserved