「自分のアナザーストーリーを見ているよう」映画「Daughters」に堀田真由、辻愛沙子からコメント到着 | TV LIFE web

「自分のアナザーストーリーを見ているよう」映画「Daughters」に堀田真由、辻愛沙子からコメント到着

映画
2020年08月28日

Daughters

三吉彩花と阿部純子がW主演を務める映画「Daughters」(9/18公開)をひと足先に鑑賞した堀田真由、辻愛沙子のコメントが到着した。

本作は、東京・中目黒でルームシェア生活を送る2人の女性を主人公に、妊娠、そしてシングルマザーとして出産という人生の決断を通して、友情、仕事、家族、過去への固執と現実など、現代の女性の揺れ動く心情にフォーカスしたヒューマンドラマ。

オシャレに敏感で、仕事も遊びも精いっぱい楽しみ自由を謳歌する現代女性が主役の本作に、女優・堀田真由と株式会社arcaのCEO・辻愛沙子がコメントを寄せた。

堀田真由 コメント

近いからこそ踏み込めない真実も一番に気付けるその弱さも
代わりのないあなたと私だからなんだと心に空いたピースが優しく埋まっていく感覚を知りました。
四季の移り変わりと共に彩る映像は美しく、今はただ大切なあの子に会いたいです。

辻愛沙子 コメント

もしも私だったら…
2人の主人公それぞれに感情移入して、映画を見ているというより自分のアナザーストーリーを見ているようでした。
それほどに、女の人生に起こり得るさまざまな複雑な葛藤や絶望や希望をリアルに表現している映画です。
こんなにもシスターフッドを感じる邦画は初めてかもしれない。人生に迷った時、もう一度見たい作品です。

作品情報

「Daughters」
9月18日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

出演:三吉彩花、阿部純子、黒谷友香、大方斐紗子、鶴見辰吾、大塚寧々

STORY

中目黒。桜が並ぶ川沿いのマンションの1室で暮らす友人同士の小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。共に27才。ライフスタイルの似ている二人は、よく働き、よく遊び、自由を謳歌したルームシェア生活を送っていた。そんな生活に、変化が訪れる。突然、彩乃からの妊娠の告白。そして、父親のわからないその子供を、産む決意をする彩乃。楽しかった二人だけの生活は、少しずつ変わっていく。過去を振り返りながらも変化を受け入れる彼女達を、小春側の視点で描く、苦くも美しい10ヶ月の物語。

WEB

公式サイト:https://daughters.tokyo
公式Instagram:https://www.instagram.com/daughterscinema/
公式Twitter:https://twitter.com/daughterscinema
公式Facebook:https://www.facebook.com/daughterscinema/

©「Daughters」製作委員会