ラウール×吉川愛で実写映画化決定!「ハニーレモンソーダ」2021年夏に全国公開 | TV LIFE web

ラウール×吉川愛で実写映画化決定!「ハニーレモンソーダ」2021年夏に全国公開

映画
2020年09月14日

大ヒット少女コミック「ハニーレモンソーダ」の実写映画化と、2021年夏の全国公開が決定した。さらに、ラウール(Snow Man)と吉川愛の出演情報も解禁。併せてラウールと吉川、神徳幸治監督、原作者の村田真優よりコメントが到着した。

原作は、2020年9月号の雑誌「セブンティーン」で、“読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位”を獲得。全国のティーン女子の胸をキュンキュンさせている、村田真優の大人気同名少女コミックだ。

髪をレモン色の金髪に染め、基本的に塩対応だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界を演じるのは、アイドルグループ・Snow Manのラウール。本作で、映画単独初主演を果たす。

身長187cm、股下96cmという驚異のスタイルと、ダイナミックなダンスパフォーマンスで17歳の現役高校生とは思えない色気とカリスマ性を持ちながら、そのビジュアルに反した人懐っこさのギャップでファンを虜にしている彼は、まさに界役にぴったりといえるだろう。

また、いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていくヒロイン・石森羽花を演じるのは吉川。子役からキャリアを積み、 様々な作品で活躍。NHK連続テレビ小説『おちょやん』の出演も決定している実力派でありながら、Instagramのフォロワーが56万人を超えるなど、憧れ女子としてティーン女子からの支持も熱い、今注目の若手女優だ。

監督には、「ピーチガール」「honey」など、高校生の青春ラブストーリーに定評のある神徳幸治。「PとJK」「私がモテてどうすんだ」を手掛けた脚本家・吉川菜美との強力タッグで、胸キュンだけにとどまらない、青春の甘酸っぱさや葛藤も感じられる、さわやかな作品を仕掛けていく。

今回の発表にあたり、ラウールは「今回初めて少女マンガを読んだのですが、僕も界くんにキュンキュンしてしまうくらい(笑)、すごく大好きな作品になりました」と原作への思いを語る。

吉川も「まさか私が羽花ちゃんを演じさせてもらえるとは思ってもいませんでした。羽花ちゃんは大好きなキャラクターです。普段の私とは正反対な羽花ちゃんですが、私なりに一生懸命演じたいと思います!」と、喜びをあらわにした。

神徳監督は「17歳にして圧倒的な存在感(何ですか、このオーラは!)のラウールさんと、繊細で愛おしい吉川さん(何ですか、この可愛らしさは!)と共に、撮影を楽しみ、時には苦しみ、小さな喜びを皆で笑い、スタッフ、キャスト全員で暑い、熱い夏にしたいと思います」と意気込みを寄せている。ラウール、吉川、神徳監督と原作者・村上からのコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2