清原果耶の場面写真解禁!映画「望み」堤幸彦監督も大絶賛「怖いくらい巧い」 | TV LIFE web

清原果耶の場面写真解禁!映画「望み」堤幸彦監督も大絶賛「怖いくらい巧い」

映画
2020年09月15日

10月9日(金)に全国公開の映画「望み」より、清原果耶演じる雅が受験勉強に取り組む姿などを捉えた場面写真が解禁された。

「クローズド・ノート」「検察側の罪人」の雫井脩介が執筆時、最も悩み苦しみ抜いたという、著者渾身のサスペンス小説「望み」。読者満足度は驚異の100%(ブクログ調べ)を記録し、累計発行部数は20万部超えのベストセラー小説が満を持して映画化した。監督を務めるのは、様々な分野で幅広いジャンルを手掛けるエンターテイメントの旗手・堤幸彦。

主演を務める堤真一に加え、家族のメンバーには石田ゆり子、岡田健史、清原果耶。さらに彼らを取り巻く重要人物には、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太らが脇を固めた。豪華キャスト陣が、刺激的でサスペンスフルな演技合戦を繰り広げる。

この度、堤演じる建築デザイナーの石川一登と、石田演じる妻・貴代美の長女・雅を演じる清原の場面写真が解禁された。成績優秀でいつも明るい雅。中学3年生の彼女は冬休みに入り、一流高校受験のラストスパートに手ごたえを感じていた。しかし、兄の規士(岡田)がとある事件に関与していると知る。兄のことは大好きだが、自分の輝かしい未来が壊されてしまうと焦り…。

今回解禁された場面写真では、いかにも優等生の雅が自分の部屋で受験勉強に取り組んでいる熱心な様子が切り取られている。若手演技派俳優の中でも突出した才能で、観る人を魅了する清原。

そんな彼女に対し、堤監督は「噂には聞いていたが、怖いくらい巧い。完璧以外の何者でもない演技でした。今後の日本の映画やドラマを引っ張っていくことは間違いないでしょう。すでに多くの作品で評価されている方ですが、『望み』もそのなかのひとつであってほしいです」と大絶賛。

2021年春放送予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに抜擢されるなど、国民的女優に近づく清原の演技にも注目だ。

<作品情報>

「望み」
2020年10月9日(金)より全国公開

出演:堤真一 石田ゆり子
岡田健史 清原果耶
加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太

監督:堤幸彦
原作:雫井脩介「望み」(角川文庫刊)
主題歌:森山直太朗「落日」(UNIVERSAL MUSIC)

配給:KADOKAWA

<WEB>
公式サイト:https://nozomi-movie.jp/
公式Twitter:@nozomimovie

© 2020「望み」製作委員会