尾上松也×百田夏菜子「すくってごらん」2021年3月公開決定!コメントも到着 | TV LIFE web

尾上松也×百田夏菜子「すくってごらん」2021年3月公開決定!コメントも到着

映画
2020年10月14日

映画「すくってごらん」が、2021年3月に公開決定。尾上松也が初主演、ももいろクローバーZの百田夏菜子が初ヒロインを務めることも解禁され、両名と真壁幸紀監督、原作者・大谷紀子よりコメントが到着した。

本作は、順風満帆なエリート銀行員人生から外れ、荒んだ気持ちを抱えて左遷の地にやってきたプライドの高いネガティブな男が、世界一静かで優雅なスポーツといわれる「金魚すくい」やそれを取り巻く人々と出会い、成長していく物語だ。

主人公で元エリート銀行員の香芝誠を演じるのは、映画初主演となる尾上松也。そして、ももいろクローバーZの百田夏菜子が、香芝が一目ぼれする美女・生駒吉乃役として初のヒロイン役を務める。

原作は、世界初の金魚すくいマンガにして「このマンガがすごい!」にもランクインした、大谷紀子の傑作マンガ「すくってごらん」。映画化を熱望していたファンも多く、待望の実写化となった。

メガホンをとったのは、長編デビュー作「ボクは坊さん」で高い評価を受けた俊英・真壁幸紀。奈良県を舞台に、城下町と金魚の持つ「和」の世界観を活かしながらも斬新な映像表現を駆使した、華麗で新たな物語を生み出している。

この度の発表にあたり、尾上は「オファーを頂いたとき、金魚すくいのお話ということと、漫画を映画にするにあたってのアプローチの仕方が想像もつかない、なんて無茶なことをしようとしているんだと。ぜひ一緒にチャレンジしたいと思いました」と、出演を決意したきっかけを振り返る。

百田も「日本の良さや日本らしさがたくさん詰まっていて、日本人で良かったと思える瞬間もある映画です。そして、初ヒロインのほかにも私にとって初めての挑戦もたくさん詰まっています」と、本作の見どころをアピールした。両名と真壁監督、原作者・大谷からのコメント全文は次ページを参照。

  1. 1
  2. 2