小沢健二らのコメント到着!「ジオラマボーイ・パノラマガール」本編冒頭映像も解禁

映画
2020年10月23日

<オカモトショウ(OKAMOTO’S)コメント>

“岡崎京子”というファンタジーの中に出てくる東京はなぜか少しノスタルジックで、
それでいてまだよく知らないものに溢れている。
あのワールドを構成する詩や、
歌のような言葉たちの行間に流れる独特の空気感を捉えて映し出した監督はすごい!
いつの間にか忘れてしまっていた大事なことを少しだけ思い出せたような映画でした。

<ラブリーサマーちゃん(ピチピチロックギャル)コメント>

すれ違っても出会わないような、そこらじゅうに溢れる、なんてことない出会い。
敬語の2人。不意にタメ口になる2人。敬語に戻る2人。
そんな些細な出来事を見逃さず、誇張せず、茶化さない作品で嬉しくなりました。
衒いなくありのままでいることしかできないティーンエイジャー。
青臭い恥ずかしいセリフも言えるし、なんだってできてしまう。
泣いたり、ぬか喜びしたり、大変そうだけど楽しそう。その瑞々しさが眩しかったです。
SFのような世界であっても、人の愚かしさ、愛らしさ、人との出会いは、いつまでも普遍的なものです。
そして恋は言ってみりゃボディー・ブロー!

<環ROY (ラッパー)コメント>

いつもドキドキしていた。憧れて、失望して、立ち止まって、駆け出した。
いま思えば、些末なことばかりだった。
だけど、あの時の世界では、それがすべてだった。

<NANAE(seven oops)コメント>

17歳ならではの儚さ、危うさが
ちょっぴり痛くて愛おしい
胸の奥がぎゅーっと締め付けられる
とても素敵な映画でした。
いわゆる「青春ラブストーリー」
その予想はすぐに裏切られます。
朝方の乾いた匂いや
肌の柔らかさまで伝わる映像は
生々しく本当に美しい。
大人こそ観てほしい作品です。

<作品情報>

「ジオラマボーイ・パノラマガール」
2020年11月6日(金)より新宿ピカデリー、ホワイト シネクイントほか全国公開

脚本・監督:瀬田なつき
原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス刊)
出演:山田杏奈 鈴木仁/滝澤エリカ 若杉凩 平田空 持田唯颯 きいた 遊屋慎太郎/斉藤陽一郎 黒田大輔/成海璃子 森田望智/大塚寧々

配給:イオンエンターテイメント boid

<WEB>

公式サイト:http://gbpg2020-movie.com/
公式Twitter:@gbpg2020_movie
公式Instagram:@gbpg2020_movie

© 2020 岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

  1. 1
  2. 2
  3. 3