劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」金ローで放送決定 高杉真宙が“僕”役で声優初挑戦、桜良役はLynn

映画
2021年06月18日

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」

7月23日(金)の『金曜ロードショー』(日本テレビ系 後9・00~10・54)で、劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」が放送されることが決定した。

「君の膵臓をたべたい」は、住野よるのデビュー作にして代表作にもなった累計300万部以上のベストセラー小説。2017年には、浜辺美波、北村匠海の主演で実写映画化され、興行収入35.2億円の大ヒットを記録した。

クラスメイトの桜良から、余命わずかであることを偶然知らされた「僕」。秘密を共有する二人が共に精いっぱい生きる日々―。その「キミスイ」を劇場アニメ化した本作は、アニメならではの優しいタッチで、切なくも美しい青春ストーリーを新たに描き出す。

主人公「僕」を演じたのは、高杉真宙。黒沢清監督「散歩する侵略者」で注目を集め、映画「トリガール!」「十二人の死にたい子どもたち」、ドラマ『私たちはどうかしている』等に出演した高杉が、本作で初めてアニメの声優に挑戦した。

ヒロインの山内桜良を演じたのは、Lynn。『ヒプノシスマイク』『約束のネバーランド』『ウマ娘 プリティダービー』「ジョゼと虎と魚たち」等、多くの作品で活躍している。

アニメーション制作は『うしおととら』などのスタジオヴォルンが手掛けた。放送に当たり『鬼滅の刃』『はたらく細胞』等も手掛けた高橋祐馬プロデューサーからコメントが到着した。

高橋佑馬プロデューサー(アニプレックス)コメント

『君の膵臓をたべたい』は、 [僕]という少年と[山内桜良]という少女の出会いから始まる物語で、季節が巡る中で心を深く通わせる二人の姿が、読者の胸を強く打つ本当に素晴らしい小説です。一読者として、読み終えた時、その出会いに心震え、たくさん泣きました。
アニメ化させていただくにあたっては、小説に真摯に向き合い、小説の読後感をアニメを観終えた際にも感じていただける映像を目指し、あの時だからこそ出会えたスタッフ・キャスト・アーティストの皆さんと一生懸命制作しました。あの時の自分たちを全て込めて、楽しんでいただける作品ができたと思っています。
誰かと出会うことが以前より少し難しい今、作品を通じて視聴者の皆さんと出会えることをとても幸せに思います。ご覧いただいた皆さんの心に、何かが咲く時間となりましたら幸いです。

『金曜ロードショー』
劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」
日本テレビ系
2021年7月23日(金)後9・00~10・54

©住野よる/双葉社©君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ