ハンがスープラで華麗にドリフト「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」本編映像解禁

映画
2021年08月03日

8月6日(金)に公開される映画「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」より、サン・カン演じるハンがプロのファイターと大乱闘を繰り広げる本編映像が解禁された。

本作は、大人気シリーズ”ワイスピ”の最新作。全米でも公開を迎え、既に公開中の各国に続いて初登場No.1を記録。さらには「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(19)以来、最高のオープニング興行収入を記録し、全世界累計興収5億ドル(約599億2,500万円)を突破している。

ハンは、本作でもメガホンを取るジャスティン・リンが初めて「ワイルド・スピード」シリーズの監督を務めた第3作「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(06)で初登場。東京のアンダーグラウンド・ドリフトレースを裏で取り仕切る存在でありながら、スナック菓子が大好きで飄々としたクールなキャラクターがファンの注目を浴びた。

その後に公開された第3作以前のエピソードを描いた第4作「ワイルド・スピードMAX」(09)から第6作「ワイルド・スピード EURO MISSION」(13)までの間、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちと共にファミリーとして活躍し、その人気は不動のものとなった。

ハンは、第3作で敵の策略により命を落とすという、あまりにも悲劇的な結末を迎えたと思われていたが、本作では生きていたことが判明。解禁された本編映像では、ハンがかつての愛車を彷彿とさせるオレンジカラーのスープラに乗り、うっとりするようなキレッキレのドリフトテクニックを披露。さらに、鬼の形相で敵を演じたプロのファイターと大乱闘を展開する。

サンは、7年ぶりにハンを演じることになったことについて「今回はアクションにも参加するから、肉体的にもハンを作り上げなければならなかった。このようなアクション映画は肉体的にものすごくきつい、ということは経験上、分かっていたことなので、体をしっかり鍛えて臨まないといけないことは自覚していた」とカムバックに向けて着実に準備を重ねてきたことを明かす。

「僕はUFC(アルテミット・ファイティング・チャンピオンシップ)のファン」と明かすサン。敵役で出演している総合格闘技界のトップ選手、フランシス・ガヌーとのファイトシーンについて「本物のファイターと一緒に撮影して、彼の動きを目の当たりにでき、彼からいろいろ学ぶことができる機会にとても興奮した。実際には1秒で僕を倒すことができるようなファイターと1対1でけんかできる機会に恵まれて大喜びだった」と刺激的な撮影となったことを、うれしそうに語っている。

クールな雰囲気とは裏腹に、大のスナック好きとしても知られているハン。最新作では、亀田製菓の“亀田の柿の種”を食べていることが判明。解禁されているキャラクターポスターでも、“亀田の柿の種”とともに映り込むおちゃめなハンの姿を確認することができる。

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」本編映像

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」
2021年8月6日(金)公開

出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ジョン・シナ、ジョーダナ・ブリュースター、ナタリー・エマニュエル、サン・カン with ヘレン・ミレン and シャーリーズ・セロン

監督:ジャスティン・リン

公式サイト:wildspeed-official.jp
公式 Twitter:https://twitter.com/WildSpeed_jp
公式 Facebook:https://www.facebook.com/Wild.Speed.jp
公式 Instagram:https://www.instagram.com/WildSpeed_official/

この記事の写真

© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.