佐藤二朗「よくぞ俺のところに話を持ってきた」片山慎三監督・脚本の衝撃作「さがす」22年公開決定

映画
2021年09月01日
佐藤二朗、片山慎三©2022『さがす』製作委員会

佐藤二朗主演、片山慎三監督・脚本の映画「さがす」が2022年に公開されることが決定。佐藤、片山監督のコメントとともに超ティザービジュアルが解禁された。

本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018で観客賞と優秀作品賞をW受賞、2019年に行われた北欧最大の国際映画祭であるヨーテボリ国際映画祭では、イングマール・ベルイマン賞にノミネートされた「岬の兄妹」を手掛けた片山監督の商業映画デビュー作で、2作目の長編作品。アスミック・エースとDOKUSO映画館が共同で運営する次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI」(シネムニ)の第1弾作品となる。

「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」
そう告げた翌朝、父は娘をひとり残し、姿を消した。孤独と不安を押し殺しながら、娘は父の行方をさがし始める――。

主演を務めるのは佐藤二朗。本作では、そのユーモラスなパブリック・イメージを封印し、不穏な言葉を残して娘の前から姿を消した父・原田智役として、彼が直面する苦悩や、単純に割り切れない人間の善悪の曖昧さを説得力あふれる演技で表現する。作品について佐藤は「脚本を読んでみた。『よくぞ俺のところに話を持ってきた』と思った。ちょっとすごい作品になると思う」と語っている。

また、本作のロゴ・ポスタービジュアルデザインを、邦画の韓国公開時のポスターや、近年の韓国映画界を代表する作品のポスターデザインを手掛ける韓国のデザイン会社Propaganda(プロパガンダ)が担当することも決定。同社が、オール日本ロケ、オール日本人スタッフ・キャストの邦画のビジュアルデザインを手掛けるのは、本作が初となる。

解禁された超ティザービジュアルは、光るスマートフォンが無造作に卓球台に置かれ、そこにタイトルロゴ“さがす”を配置したシンプルなデザイン。タイトルの意味深さ、ビジュアル全体がまとう不穏さから、作品の世界観にグッと引き込まれる仕上がりとなっている。

さらに、10月6日(水)~15日(金)に開催される第26回釜山国際映画祭ニューカレンツ(コンペティション)部門への出品が決定。ニューカレンツ部門は、釜山国際映画祭唯一の国際コンペティション部門であり、アジアの新進気鋭の映画監督による第1~2作が対象となる。

海外からも熱い注目が集まり始めている本作の国内での公開は、テアトル新宿ほかで2022年を予定。主演の佐藤以外のキャスト陣は今後発表される。

佐藤二朗/原田智(はらださとし)役 コメント

ある日突然、手紙が来た。長文のその手紙の差出人は片山慎三。19年前のドラマで制作だった男だ。制作とはいえ、当時彼は21歳の右も左も分からぬ、いわゆる「使い走り」だった。でも発想や言葉が面白く、「君、オモロイな」と声を掛けたのを覚えている。そのあと彼は、数々の現場で鍛練し、感性を磨き、自腹で「岬の兄妹」という映画を監督した。その彼からの手紙には「自分の商業作品監督デビューとなる次作の主演を是非、二朗さんにやって欲しい」と書いてあった。手紙に添えられた、彼の商業デビューとなる「さがす」という妙なタイトルの脚本を読んでみた。「よくぞ俺のところに話を持ってきた」と思った。ちょっとすごい作品になると思う。ご期待を。

監督・脚本/片山慎三 コメント

大阪に住む父が指名手配犯を見かけた、という実体験から生まれたオリジナル作品です。商業デビュー作ということもあり、よりエンターテイメントな作品にしたいという気持ちがありました。オリジナルだからこそ立ち帰る場所が常に自分自身でした。自問自答し、自分が作家として試されているような、良い意味での気合いと思いが入っています。本作のワールドプレミアが釜山国際映画祭で迎えられることとなりうれしく思います。映画を見てどういう反応が返ってくるのか非常に楽しみに思います。ぜひ日本での公開も心待ちにしていてください。

作品情報

「さがす」
2022年テアトル新宿ほか全国公開

監督・脚本:片山慎三
主演:佐藤二朗
製作:アスミック・エース、DOKUSO 映画館、NK Contents
製作協力:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
制作協賛:CRG
制作プロダクション:レスパスビジョン

制作協力:レスパスフィルム
製作幹事・制作・配給:アスミック・エース

公式 HP: https://sagasu-movie.asmik-ace.co.jp/
公式 twitter: @sagasu_movie

©2022『さがす』製作委員会

この記事の写真