細野晴臣が軽やかにギターを奏で歌う ライブ・ドキュメンタリー「SAYONARA AMERICA」予告編解禁

映画
2021年10月14日
©2021“HARUOMI HOSONO SAYONARA AMERICA”FILM PARTNERS

11月12日(金)に公開される細野晴臣のライブ・ドキュメンタリー「SAYONARA AMERICA」より、予告編が解禁された。

「はっぴぃえんど」「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」として活動、常に変化を繰り返し、斬新にして普遍的な音楽を想像し続ける唯一無二のミュージシャン・細野晴臣。そのデビュー50周年記念ドキュメンタリー映画「NO SMOKING」19)の公開から2年、突然現れたウイルスにより、全てのエンタテインメントを家で楽しむことが余儀なくされる日々が普通になってしまった。

そんな自由が制限された世界だからこそ、”In Memories of No-Masking World”(マスクがなかった世界を偲んで)、 2019年アメリカ、ニューヨークとロサンゼルスで開催された“集大成となるライブを記録した、幸福感と高揚感に満ちたライブ・ドキュメンタリー「SAYONARA AMERICA」が完成した。

解禁された予告編では「久しぶりにギターを持った。もう2年も触ってなかったなぁ」という言葉とともに屋上でひとり、ギターを片手に佇む細野晴臣の姿が。2021年夏、「突然現れたウィルス。このパンデミックは、世界的なオペラのように感じる」と静かに語る場面から、2019年アメリカでのライブの熱狂へ。

5月28日29日にニューヨークのグラマシー・シアター、6月3日にロサンゼルスのマヤン・シアターで開催されたライブのチケットはすぐに完売。ライブ当日はファンが長蛇の列になった伝説のライブに「すごく興奮するわ!」「独創的で超クール」「すごく幸せにしてくれるの!」と嬉々として語る観客たち。ファンで埋め尽くされた客席は、細野の登場で熱を帯び、細野の音楽に酔いしれていく様子が予告編からも伝わってくる。

前作の「NO SMOKING」に続き監督を務めた佐渡岳利監督は「今回の映画は、『NO SMOKING』でも一部紹介した、細野さんの2019年のアメリカツアーを主題にしたライブドキュメントです。タイトルの『SAYONARA AMERICA』は細野さんご自身がつけてくださいました。映画を最後まで観ていただけると、細野さんがこのタイトルをつけた意味が良く分かっていただけると思います。アメリカへの愛、音楽への愛、そして楽しくてチャーミングな細野さん満載のこの映画は、世界が変わらざるを得ないこの時代だからこそ伝えたいメッセージがたっぷり詰まった作品です」とコメント。

“憧れの地”アメリカの舞台で軽やかに、自由に、ギターを奏で、歌う細野は、彼は今何を思い、語るのか。「住所不定無職低収入」「Sports Men」「Body Snatchers」など全17曲の楽曲で彩られるライブは必見だ。

『SAYONARA AMERICA』予告編

作品情報

「SAYONARA AMERICA」
2021年11月12日(金)公開

出演・音楽:細野晴臣

監督:佐渡岳利「NO SMOKING」(19)
プロデューサー:飯田雅裕「NO SMOKING」(19)

制作プロダクション:NHKエンタープライズ
企画:朝日新聞
配給:ギャガ

公式サイト:gaga.ne.jp/sayonara-america

©2021“HARUOMI HOSONO SAYONARA AMERICA”FILM PARTNERS
ARTWORK TOWA TEI & TOMOO GOKITA

この記事の写真