B・カンバーバッチ&Z・リーヴァイの共演に粋なオマージュ演出「モーリタニアン」本編映像公開

映画
2021年10月14日
©2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

10月29日(金)公開の映画「モーリタニアン 黒塗りの記録」より、本編映像が解禁された。

2015年、21世紀の情報化社会において、アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた、ある男の「手記」が出版。しかも筆者の男はその時、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていた。異例尽くしのこの本は、またたく間にアメリカで大ベストセラーとなり、その後、世界20か国で刊行された。

どうしても、この手記を映画化したいと切望したのが、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」でアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされ、名実ともに英国俳優の頂点に躍り出たベネディクト・カンバーバッチ。自身の製作会社でプロデューサーに専念するはずが、出来上がった脚本に感銘を受けて出演も望み、歴史と国家の闇を暴く問題作を完成させた。共演にはジョディ・フォスター、タハール・ラヒムが名を連ね、第78回ゴールデングローブ賞で俳優部門2部門のノミネートを果たした。

2005年、弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)はアフリカのモーリタニア出身、モハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)の弁護を引き受ける。9.11の首謀者の1人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。

時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、百戦錬磨のナンシーさえがくぜんとする供述が記されていた。

解禁された映像は、モハメドゥ(タハール・ラヒム)の起訴に燃える米軍中佐スチュアート(ベネディクト・カンバーバッチ)が、訓練生時代の同期でモハメドゥを取り調べたことのあるニール・バックランド(ザッカリー・リーヴァイ)とビリヤードに興じる場面。

一見すると友人との憩いの時間のようにも思えるが、スチュアートはモハメドゥに関する情報を入手しようとさりげなくニールに探りを入れる。なぜならばグアナンタナモ収容所での情報は不可解なことに機密扱いとなっており、米政府側であるはずのスチュアートにも詳細がなかなか明らかにされないからだ。

焦りの色を見せるスチュアートに、ニールは「MFR」なるものの存在を明かす。MFRとは記録用覚書のことで、尋問方法から証言内容まで全てが記されている重要書類なのだという。それこそがモハメドゥを起訴する際の大きなヒントになると直感したスチュアートはMFRの入手方法を尋ねるが、ニールはすぐさま「渡すとなるとスパイ法違反になる」と告げる。

スチュアートはモハメドゥ極刑を望む米政府からの依頼で起訴への準備を進めている。それなのになぜ米政府は曖昧な情報しか流さないのか。そこには世界を震撼させる不都合な真実が隠されていた。

ニールを演じるのは、DCコミックス原作の映画「シャザム!」でスーパーヒーローのシャザムに扮したザッカリー・リーヴァイ。かたやカンバーバッチは、マーベル・コミックス原作の映画「ドクター・ストレンジ」の主人公ドクター・ストレンジとしておなじみ。そんな二大コミックスの二大ヒーローの貴重な2ショットを祝福するかのように、解禁された映像の冒頭ショットには、「シャザム!」内で重要なアイテムとなる“マジック8ボール”を彷彿とさせる8の数字が書かれたビリヤードボールがチラリと映り込んでいる。

「モーリタニアン 黒塗りの記録」本編映像2

作品情報

「モーリタニアン 黒塗りの記録」
2021年10月29日(金)公開

公式HP:kuronuri-movie.com

©2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事の写真