柄本時生が死亡フラグ全開の“最初の男”に 菅田将暉主演「CUBE」冒頭映像解禁

映画
2021年10月22日
©2021「CUBE」製作委員会

公開中の菅田将暉主演映画「CUBE 一度入ったら、最後」より、本編冒頭映像と特別キャラクタービジュアルが解禁された。

密室サスペンスの先駆けとして、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画「CUBE」。世界中でカルト的人気を誇るこの作品のナタリ初公認リメイクに、主演の菅田をはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎と、日本を代表する実力派俳優が集結した。

公開に合わせて解禁された本編の冒頭映像では、オリジナル版「CUBE」と同様に6人の男⼥に含まれない“最初の男”が登場。たった1⼈で、CUBE内を進んでいくシーンが映されている。オリジナル版でも⼤⼈気のこの冒頭シーン。本作でこの死亡フラグ全開の“最初の男”を誰が演じるのか注⽬されていたが、扉を開けて向こうの部屋から顔をのぞかせたのは、柄本時生演じる囚⼈のような服を着た男。

不安と緊張が⼊り混じった表情で周囲を警戒しながらゆっくりと⽩い部屋へと⼊ると、不穏な空気と閉塞感が漂うその部屋を真っすぐ進み、次の部屋への扉を開ける。次に男を待ち構えていた薄いオレンジ⾊の部屋は、先ほどの⽩い部屋とは違いどこか危険な雰囲気が漂っている。

男はその部屋でも慎重な⾜どりで正⾯に向かって進んでいく。映像の背後からは、不気味な⾳楽も流れ出す。ふと、部屋の中央で⾜を⽌めた男は、正⾯にある正⽅形の扉の下に何かを発⾒。男が⾒つめる先には、点滅する謎の光が。その光をじっくりと⾒つめていると、突然機械⾳のような⼤きな⾳がして、次の瞬間、男の表情が⼀変する。

謎が深まるばかりだが、四⽅を囲まれる閉塞感や不気味な⾳楽で、まさに「⼀度⼊ったら、最後」と思わせるような「CUBE」の脅威を実感できる冒頭シーンとなっている。謎の光と⼤きな⾳の正体、そしてこの“最初の男”の⾝に⼀体何があったのか。

さらに、菅⽥が演じたエンジニアの後藤ら、突如「CUBE」に閉じ込められた男⼥6⼈の特別キャラクタービジュアルも公開。謎の部屋「CUBE」の中に佇む6⼈の背景は、それぞれ異なる⾊のライトに染められているだけでなく、体の⼀部が何かの影響で歪んで⾒え、不穏な空気が漂っている。

©2021「CUBE」製作委員会
「CUBE 一度入ったら、最後」本編冒頭映像

作品情報

「CUBE 一度入ったら、最後」
公開中

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/cube/
公式Twitter:@cube_m0vie
公式TikTok:@cube_m0vie

©2021「CUBE」製作委員会

この記事の写真