嵐のライブフィルム「ARASHI 5×20 FILM」が興行収入30憶円突破 無発声応援上映スタート

映画
2021年12月13日
©2021 J Storm Inc.

嵐のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(公開中)の興行収入が30億円を突破。さらに、無発声応援上映も12月10日(金)よりスタートした。

2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして日本史上最大の累計237万5000人の動員を記録した、嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。本作は、その中で「映画を撮影するため」に1日限りで開催したライブを収録した、嵐にとって初のライブフィルムだ。

11月26日(金)に公開されると、観客動員数54万人、興行収入17億円を記録し、観客動員ランキングで初登場No.1に。そして公開3週目を迎え、興行収入は30憶円を突破、観客動員数も98万人と100万に迫る勢いを見せている。

12月10日からは、うちわ・タオル・ペンライト・サイリウムの持ち込みOK、ハンドクラップ・振り付けOKの無発声応援上映がスタート。12月11日(土)に丸の内ピカデリーで開催された応援上映では、観客が曲やコール&レスポンスに合わせてペンライトやうちわをリズミカルに振り、スクリーンと映画館の客席が一体化。メンバーのソロシーンでは、しゃべり出すメンバーに合わせ、ペンライトを切り替えて会場がメンバーカラー一色に染まるなど絶景が広がっていた。

さらに上映後も、映画館の前でグッズを片手に記念写真を撮ったり、余韻に浸り会場にとどまる観客の姿が。声が出せなくても、まるでライブ会場にいるような臨場感、一体感に「ライブに行ったように幸せな気分にさせてくれる」「みんなで盛り上がれる空間最高!」「ペンライトを持つだけでこんなに心が開放されるのか…」「嵐のコンサートは一緒に動いてこそなんだなぁ~と実感!!」など、喜びの声が上がっっている。

作品情報

「ARASHI Anniversary Tour 5×20“FILM Record of Memories”」
公開中

出演:嵐
監督:堤幸彦
撮影日:2019年12月23日 東京ドーム

配給:松竹

©2021 J Storm Inc.

この記事の写真