Hey! Say! JUMP山田涼介が体を張ってワイヤー撮影「大怪獣のあとしまつ」メイキング写真解禁

映画
2021年12月28日
©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

2022年2月4日(金)公開のHey! Say! JUMP・山田涼介主演映画「大怪獣のあとしまつ」より、山田がワイヤー撮影に挑むメイキング写真が公開された。

「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描いた本作。主演にはHey! Say! JUMPの山田涼介、ヒロインに土屋太鳳を迎え、監督・脚本をドラマ『時効警察』シリーズなどで知られる三木聡が務める。

解禁されたのは、山田演じる帯刀アラタが体を張ってグリーンバックでのワイヤー撮影に挑むメイキング写真。アラタが怪獣の上から真っ逆さまに落下するシーンでは、計14回も落下するカットを撮るというハードぶりだ。山田は三木監督について 「三木監督はブレないで確実に決まるまで撮り続ける。でも出来た画を見るとめちゃくちゃかっこよくなってるんです。だからこそ僕らも信用して『じゃあやりましょう』というふうになれる。グリーンバックでの撮影は印象的でした」と信頼を寄せている。

また、国家崩壊の脅威となる巨大怪獣「希望」の邦画史上最大級の“死体”の正体も明らかになった。全長は東京ドーム(直径)の約1.5倍となる380メートル。全高は通天閣の約1.5倍となる155メートル(倒れた状態)だ。“希望”の象徴ともいえる足を空高くつき上げたポーズが特徴的。死んでいるのに足を高くつき上げているのがばかばかしくて面白く見えるのではないか、という三木監督らしい遊び心が込められたポーズとなっている。

そして、“希望”をよく見ると背びれがキノコのような形をしている。なぜキノコなのかは本編を見ると理由が分かるという。そして、三木監督のこだわりで恐竜をイメージした姿となった。発達したアゴやトゲの生えた尻尾に恐竜らしさが垣間見える。

CGが主流となりつつある昨今。しかし本作は三木監督のこだわりを余すことなく形にするべく、怪獣造形チームが怪獣模型を作成。現場では三木監督と制作チームが模型を囲み、三木監督のオーダーを聞きながら、その場で模型を作り上げる手法で怪獣の造形を固めていったという。なんと、模型を完成させるのにかかった期間は約3か月。三木監督も「素晴らしい素晴らしい怪獣の造形を作り上げることができた」と絶賛する出来栄えとなった。

そして制作スタッフ陣には、レジェンド級の日本を代表する各界のプロフェッショナルが集結。大規模なVFX撮影やグリーンバック撮影が多い本作のVFXスーパーバイザーとして「男たちの大和/YAMATO」など日本を代表する作品のCGを多数手掛ける野口光一が参加。特撮監督は、2002年より「仮面ライダー」シリーズを担当している佛田洋が務める。さらに、邦画史上最大スケールとなる大怪獣の造形技師を「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなど〈怪獣業界〉の第一人者・ 若狭新一が担当するというドリームタッグが実現。ハリウッドも驚きの日本映画史に名を残すスペシャルなメンバーが映画制作の土台を整えた。

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

そして「大怪獣のあとしまつ」をARカメラで楽しめるコンテンツ内容も公開。ユーザーは自身のスマートフォンを通して、怪獣“希望”を出現させ、写真や動画を撮影して楽しむことができる。

作品情報

「大怪獣のあとしまつ」
2022年2月4日(金)全国公開

監督・脚本:三木聡(ドラマ「時効警察」シリーズ、バラエティ「タモリ倶楽部」ほか)

出演:山田涼介、土屋太鳳
濱田岳、眞島秀和、ふせえり
六角精児、矢柴俊博、有薗芳記、SUMIRE、笠兼三、MEGUMI
岩松了、田中要次、銀粉蝶、嶋田久作、笹野高史
オダギリジョー、西田敏行

製作:松竹/東映

公式サイト:https://www.daikaijyu-atoshimatsu.jp

この記事の写真

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会