矢本悠馬「何か心が豊かになるきっかけになれば」映画「破戒」インタビュー映像&場面写真解禁

映画
2022年07月07日
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

7月8日(金)に公開される間宮祥太朗主演映画「破戒」より、矢本悠馬のインタビュー映像と場面写真が解禁された。

1948年に木下恵介監督、1962年に市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村の不朽の名作「破戒」が60年ぶりに映画化。自らの出自に苦悩しつつも、最後にはある決断をする主人公・丑松という難役に挑戦するのは、間宮祥太朗。丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない相手役・志保を演じるのは、石井杏奈。悩める丑松を支える親友・銀之助役には、矢本悠馬。さらに、眞島秀和、高橋和也、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、大東駿介、小林綾子らが出演する。

脚本は「クライマーズ・ハイ」「孤高のメス」「ふしぎな岬の物語」で数々の受賞歴を誇る加藤正人と「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の木田紀生が担当。監督は「発熱天使」や「みみをすます」の前田和男が担当する。

©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

このたび、矢本が間宮ら共演者について語ったインタビュー映像と新たな場面写真が解禁。インタビューの中で矢本は「銀之助は丑松の一番の理解者、親友という役割ですが、丑松役が(間宮)祥太朗でプライベートでも相当仲がいいので、全くストレスなく作品に入れました」と撮影を振り返る。また、本作のテーマについて明治初期の話ですが、現在でも差別はありますし、学校や近所とか身近なところで、“人と違う”ということでイジメを受けている。それも差別だと思うから、広い範囲で日常生活の中にあるものだと思います。(親友である丑松の告白を受け入れた)銀之助みたいに急に柔軟にはなれないかもしれないけれど、この作品を通して(差別をしている)当事者や、見て見ぬふりをしている人たちも、相手を思いやる想像力というか、何か心が豊かになるきっかけになればと思っています」と語っている。

インタビュー映像

作品情報

映画「破戒」
2022年7月8日(金)丸の内TOEIほか全国公開

出演:間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、高橋和也、小林綾子、七瀬公、ウーイェイよしたか(スマイル)、大東駿介、竹中直人/本田博太郎/田中要次、石橋蓮司、眞島秀和

原作:島崎藤村『破戒』
脚本:加藤正人/木田紀生
監督:前田和男
音楽:かみむら周平

企画・製作:全国水平社創立100周年記念映画製作委員会
制作:東映株式会社
制作協力・配給/宣伝:東映ビデオ株式会社
制作プロダクション:東映株式会社京都撮影所

公式サイト:http://hakai-movie.com/
公式Twitter:@hakai_movie
公式Facebook:@hakaimovie

©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会