氷川きよしが14年ぶり『Mステ』で「ボヘミアン・ラプソディ」日本語版を生披露 | TV LIFE web

氷川きよしが14年ぶり『Mステ』で「ボヘミアン・ラプソディ」日本語版を生披露

音楽
2020年06月05日
氷川きよし
氷川きよし

 氷川きよしが、6月5日(金)放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系 後9・00)に出演する。

『Mステ』には、2003年に中村玉緒とのユニット・TAMAO&KIYOSHI、2006年にKIYOSHIとして出演。今回が14年ぶり3度目、氷川きよし名義では初めての出演となり、「ようやくそのときが来たかという感じで、夢がかなってうれしくて体が震えています」と武者震いしている。

 番組では、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語カバーを披露。選曲のきっかけについて「昨年、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てフレディ・マーキュリーの人生を目の当たりにしたとき、“世界中の多くの人に愛されて、たくさんヒット曲も生まれた大スターだけど、人間としてすごく孤独感を抱いて、生きてきたんだな”と思って、胸に来るものがありました。映画で表現された2時間の物語以外にも壮絶な闘いがあったんだろうなと思ったんです」とフレディへ思いをはせながら、「フレディの45年という短い人生をちゃんと伝えていかなくてはいけないと思い、彼がどんな思いで、苦悩しながら生きてきたかと思ったときに、それを日本語で歌いたいと思いました」と明かした。

 氷川自ら「日本語で分かりやすく、フレディの思いを伝えたい」と、親交のあった作詞家の湯川れい子氏に日本語詞を依頼した今回のカバー。本番に向けて、「フレディの思いを感じながら魂を込めて歌いたい」と力強く意気込んでいる。