SKE48 チームEが「SKEフェスティバル」公演開催!10期生がMCで初ステージ | TV LIFE web

SKE48 チームEが「SKEフェスティバル」公演開催!10期生がMCで初ステージ

音楽
2020年07月09日

名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が、7月8日(水)にSKE48劇場で配信限定の劇場公演「SKEフェスティバル」を開催した。以下、オフィシャルライブレポートを掲載する。

チームE公演は、2月25日(火)に開催以来、実に135日ぶり。開演前に須田亜香里が劇場の入口から客席へ案内をするという演出の際には「4ヶ月ぶりのアイドルを〜」と言うところ「4年ぶりの〜」と言い間違えてしまう。MCでは、曲紹介を忘れそうになってしまったり、久しぶりすぎる公演に、あたふたしてしまうシーンも。

一方、鎌田菜月はステージ上で何度も転んでしまったり、衣装替えの際に今回の公演ではパフォーマンスのないユニット曲の衣装を自然に身に着けてしまっていたりと、様々なハプニングが発生。それをも楽しんで、公演を心から愛しているメンバーの姿があった。

今回も、他公演と同様に新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出演メンバーは6名のみで、劇場内すべてのドアを開放し換気を実施。フォーメーションも通常のものから変更し、ソーシャルディスタンスを確保した形で行われた。まず、鎌田、熊崎晴香、斉藤真木子、佐藤佳穂、末永桜花、須田で「重力シンパシー」、「キミが思ってるより…」、「ほっぺ、ツネル」、「SKEフェスティバル」を続けて披露。

ステージ上のモニターにはSNSの画面が映し出され、須田は「後ろを振り向くと、みんながリアルタイムで公演を楽しんでくれてるんだって伝わってきて、すごく嬉しかった!」と、興奮気味に語る。公演に出演していないメンバーも、たくさんのツイートで応援。ファンはいろいろなカラーの画像をメンバーのサイリウムカラーに見立て、コールを送るような感覚を楽しんでいた。「#Twitterで声援を」、「#SKEフェスティバル」はトレンド入りを果たし、これまでの劇場公演の最高数を獲得。

後半のMCでは、10期生の小学6年生11歳の林美澪と、中学2年生13歳の杉山歩南が、初の2分間MCに挑戦した。林は「ソーユートコあるよね?」や「意外にマンゴー」を正確な倍速ダンスで踊り、杉山は好きな夏野菜の歌として謎の「トウモロコシの歌」を披露。斉藤は「踊れる美澪ちゃんと歌える歩南ちゃん」と評し、先輩メンバーにも強烈なインパクトを残していた。

そして「ハートのベクトル」では須田がカメラに近寄り、レンズの上のクリアファイルにサイン。なんと、メンバー全員分のサインを入れたものを視聴者プレゼントするという演出も行われた。

熊崎は、ファンに感謝の気持ちを述べ「落ち込んだ時や、苦しい時に、私たちの歌や存在が皆さんの心の支えになれればいいなと思います」と、気持ちを込めて6名で「キンモクセイ」を披露。通常公演のこの曲では客席がオレンジ色に染まるという光景を思い出したと、須田は涙を浮かべる。

「メンバーの頑張りを観てもらえるのが劇場で、本当は他のメンバーもみんなこのステージに立ちたかったと思うし、お客さんも劇場に来たかったと思う」と、出演できなかったメンバーやファンへの思いを語った。だが「そんなこと考えてたら、思い切り立ち位置を間違えた!」と彼女らしく懺悔し、ステージ上はみんな笑顔に。ラストは、遠くにいても気持ちはつながっているという気持ちを込めた「遠くにいても」で、公演は幕を閉じた。

終演後のアフタートークでは、SKE48キャプテンの斉藤が「これからの公演もみんなで試行錯誤しながら、ファンの方の意見も取り入れながら、みんなで作っていこうと思いますし、今週末に(握手会振替イベントとして開催予定の)『現地でオンライントーク会』という初の試みもあったり、少しずつ皆さんに楽しく会えるよう進めていければと思っていますので、温かく見守っていただけると嬉しいです」と、これからの抱負を語った。須田亜香里と斉藤真木子の公演後コメントは、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2