『音楽の日』第2弾出演者にColdplay、Bank Band、BTS、TWICEら V6は全国同時生中継で大合唱

音楽
2021年07月09日
V6

7月17日(土)に生放送される『音楽の日2021』(TBS系 後2・00~9・54)に出演する第2弾アーティストと特別企画が発表された。

「音楽の力で日本を元気に!」という願いを込めて2011年から始まった夏の大型音楽特番『音楽の日』は、今年で11年目。総合司会は、11年連続となる中居正広と安住紳一郎TBSアナウンサーが務める。

今年のテーマは、“日本中を元気にするさまざまな「Wa!」を音楽で届けたい”という信念から、みんなを笑顔にする「Wa!」に決定。つながる「輪」、笑うの「ワ」、ワクワクの「ワ」など、さまざまな意味が込められている。

第2弾出演アーティストとして、音楽プロデューサー・小林武史とMr.Children・櫻井和寿を中心に結成されたBank Bandの出演が決定。

今年3月11日に放送した『音楽の日』で初披露し、話題となったBank Band feat. MISIA「forgive」で櫻井とMISIAが再び共演。さらに今の時代こそ聴いて欲しい名曲「to U」をSalyuと共に披露する。

また、世界で活躍する豪華アーティストたちの出演も決定。BTS、SEVENTEEN、TWICE、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPENが登場。グラミー賞受賞アーティストのColdplayの出演も決定した。

そして、毎年恒例となった全国同時生中継の大合唱企画も発表。『音楽の日』への出演は今年が最後となるV6が登場し、「WAになっておどろう」を合唱。番組テーマである、みんなを笑顔にする「Wa!」にふさわしい名曲で、全国の合唱団と歌声を響かせる。

さらに、3人でのパフォーマンスを地上波で届けるのは、この『音楽の日』が最後となる、いきものがかりの出演が決定。名曲「ありがとう」を披露する。

『音楽の日』といえば、日本全国を結ぶ生中継も見どころのひとつ。今回は全国6か所で花火を打ち上げて中継。宮城県、新潟県、静岡県、鹿児島県での花火打ち上げに加え、豪華アーティストの歌唱と花火がコラボする特別企画も。

ゴールデンボンバーが今年も体を張った手筒花火とのコラボパフォーマンスを披露するほか、岡山県では氷川きよしが花火とのコラボで“限界突破”する『音楽の日』でしか見られないスペシャルステージを繰り広げる。

また、和歌山県にある日本三大名瀑のひとつに数えられる、世界遺産・那智の滝の絶景から、クリス・ハートが“和の心”を歌う。

『音楽の日2021』
TBS系
2021年7月17日(土)後2・00~9・54

<出演アーティスト>(50音順)
あいみょん、いきものがかり、EXILE、AKB48、A.B.C-Z、ENHYPEN、Awesome City Club、Official髭男dism、KAT-TUN、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、KinKi Kids、King & Prince、クリス・ハート、ゴールデンボンバー、Coldplay、小林武史 Bank Band、櫻井和寿 Bank Band、櫻坂46、Salyu、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、ジャニーズWEST、SixTONES、Snow Man、SEKAI NO OWARI、Sexy Zone、SEVENTEEN、DA PUMP、DEAN FUJIOKA、東京事変、TOMORROW X TOGETHER、TWICE、NEWS、乃木坂46、Perfume、氷川きよし、BTS、日向坂46、V6、Hey! Say! JUMP、星野源、三浦大知、MISIA、優里、ゆず、LiSA、Little Glee Monster

この記事の写真