SUPERNOVA(超新星)、2年ぶりのアルバム『CLOUD NINE』発売決定 全新曲の10曲収録

音楽
2021年08月24日
SUPERNOVA(超新星)

9月に日本デビュー12周年を迎えるSUPERNOVA(超新星)が、約2年ぶりとなる9thアルバム『CLOUD NINE』を9月22日(水)にリリースすることが発表された。

リードトラック「Amanogawa」は、オンラインライブで先行披露され、ファンから音源化を望む声が多かった曲。SUPERNOVAのメンバーとMilky(ファンの呼称)、聴いてくれる人との絆を描いた曲で、支えてくれる感謝やお互いの存在があってより輝けるというメッセージソングとなっている。

アルバムにはワイルドなラップが際立つクールなヒップホップから、心温まるハートフルなバラードまで、バラエティに富んだ全新曲の10曲を収録。アルバムタイトル『CLOUD NINE』には、幸せという意味が込められている。

アルバム発売を記念して、発売記念オンラインミニライブ&トーク会、個別トーク会などの開催も予定されている。詳細は詳細はレーベルサイトをチェック。

リリース情報

SUPERNOVA(超新星)
NEW ALBUM『CLOUD NINE』
2021年9月22日(水)発売

公式HP:https://www.supernova-sv.com/
レーベルサイト:https://columbia.jp/artist-info/supernova/

<SUPERNOVA(超新星)プロフィール>
韓国男性ダンスヴォーカルグループ。“超新星“として韓国で6人組結成。2007年9月に韓国でデビュー後、メンバー全員の身長が180センチ以上というモデル並みのスタイルと甘いマスクに加え、実力派のダンスと歌で評価を得ている。2009年9月「キミだけをずっと」で日本デビューを果たし、韓国と日本で精力的に活動中。他の韓国人アーティストと比べ、群を抜いた日本語力と人懐っこいキャラクターで、日本での人気と知名度で人気を博す。特にリーダーのユナクは日本語が堪能で、愛知大学を卒業している。メンバーそれぞれが、ドラマやミュージカル、MC、バラエティ番組への出演など、多方面で活躍している、オールマイティーグループ。
2018年、全員が兵役を終え4年ぶりにグループを再始動。2021年9月に日本デビュー12周年を迎えるとともに、約2年ぶりとなる待望のフルアルバムを発売する。

この記事の写真