SUPER☆GiRLS、新体制での初ワンマンライブで第5章始動 年末にリクエストアワー開催も発表

音楽
2021年09月21日
SUPER☆GiRLS

アイドルグループのSUPER☆GiRLSが、新メンバー3人を迎えた第5章での初ライブをZepp Diver Cityで行った。

今回の「SUPER☆GiRLS ワンマンライブ~はじめまして!第5章新生スパガっです!~」は、阿部夢梨が6代目の新リーダーに就任し、萩田帆風、竹内ななみ、田中想の3人が新加入した新体制での初のワンマンライブ。

8月には新体制となって初の新曲「WELCOME☆夏空ピース!!!!!」を発表し、精力的に活動してきたSUPER☆GiRLS。6月に加入した新メンバーもリリースのキャンペーンの合間にこのライブに向けて3か月で30曲以上を練習し初披露となった。

リーダーの阿部は「今日は第5章新体制初のワンマンライブをして、あらためて第5章でもう一度華を咲かせることができるんじゃないかなという可能性を感じることができました。ファンの皆さんが声が出せない中でも、サイリウムやグッズなどで声援を送ってくださってすごいうれしかったです。これまでのスパガとは違う顔をお見せできるように全力でパフォーマンスしたいなと思います」と意気込みを語り、ライブはスタート。

1部では、王道のアイドルというコンセプトを基に「MAX!乙女心」や「ナツカレ★バケーション」など人気の夏曲メドレーなど全16曲を披露。2部では、ダンス曲など“かっこよく魅せるスパガ”をコンセプトに、ダンスパートなどを導入するなど新生スパガを印象づける内容に。

6月にお披露目された新メンバーの萩田は「すごく緊張していて、前日の夜も全然眠れなかったのですが、いざライブが始まるとすごく楽しく、緊張よりもステージを楽しめた気持ちの方が圧倒的に大きかったので、自分的に大成功でした」と笑顔を見せた。

竹内も「今年は本当にスパガづくしの生活で、とても充実してます。実際ライブを通してすごい曲数のパフォーマンスをしましたが、夏休みからずっと準備してきたものを、たくさんのファンの前でやっとパフォーマンスできてすごく達成感を感じることができました」と充実した様子を見せた。

ライブの最後には、12月25日(土)にスパガ初となるリクエストアワーの開催を発表。また同日にデビュー11周年となるクリスマスライブの開催も発表。最年少メンバーとなる田中は「初ワンマンは、すごい楽しみでありつつ、ドキドキ緊張しましたが、ステージに立って一曲目を終えたところで緊張は吹っ飛んで、集中してパフォーマンスできました。5期メンバーで踊った『恋は初心者マーク』は、特にすごく楽しかったです。次のワンマンライブが12月25日にあるので、皆さんにさらに成長した姿を見せられるようにもっともっと頑張りたいと思います」と年末までこの勢いで駆け抜ける決意を語った。

SUPER★GiRLS公式HP:https://supergirls.jp/

この記事の写真