【紅白リハ】GENERATIONS・関口メンディー「LDHらしいパフォーマンスをしたい」

音楽
2021年12月28日
左から)白濱亜嵐、小森隼、数原龍友、中務裕太、片寄涼太、関口メンディー、佐野玲於

12月31日(金)放送の『第72回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)のリハーサルが行われ、トップバッターで参加したGENERATIONSが囲み取材に応じた。

今回で3回目の『紅白』出場となるGENERATIONSは「Make Me Better」を披露する。まず、グループを代表して白濱亜嵐が「今回は3度目の『紅白』出場なんですけれども、あらためてこの文化的な番組に出場できる機会を頂けることに感謝しています。精いっぱいパフォーマンスを頑張りたいと思います」とあいさつをした。

続いて、今回の披露する楽曲について片寄涼太は「この楽曲は今年一年をとおしてたくさんパフォーマンスさせていただいた曲なので、いい締めくくりとなるようなパフォーマンスができたらなと思っています」と意気込みを。

また、会見当日が誕生日だという数原龍友に、関口メンディーが「おメンディー!」と祝福。「ありがとうございます。29歳になりました。僕はお肉が大好きなんですけど、29歳というのは『肉食え』という神からのお告げだと思うので」と話す数原に、メンバーたちはすかさず「29歳は誰にでも来るから」とツッコミを入れた。

数原は「年明け早々から肉を食いまくって、来年は牛5頭分くらい食うたろかなと、そういう一年にしようと思います。今日はお仕事なんですけど。いつでも肉を食う覚悟はできております。もしよかったら今度焼き肉一緒に行きましょう。よろしくお願いいたします」とメッセージを送った。

また、今年一年について片寄は「有観客のライブも行えるようになってきたので、昨年に比べると少しずつ今までの日常が戻ってきた日々だったなと。でも、まだまだ完全には復活していなくて、模索する日々が続きそうだなと感じる一年でもありました」と振り返る。

いっぽう、中務裕太は『活』という漢字一文字で振り返り「“活を入れる”の“活”ですね。やはりコロナ禍でメンバー同士でも考えることがたくさんあって、そんな中で己自身に活を入れ、自分のけつを叩いて走ってきた一年だったので」と。

「僕は個人としては今回の『紅白』は青髪最後のステージなので…」と続ける中務に、メンバーたちはすかさず「個人的すぎる!」とツッコミ。中務は「これで見納めなんです。今年のラッキーカラーを髪色にしていたんですけれども、今年最後の青髪なので一生懸命パフォーマンスしたいと思います。来年はラベンダーカラーになります」とアピールした。

さらに、記者から先輩からかけられた言葉を問われると、関口は「例年どおり、HIROさんからはこういった場所に来させていただくときは集団でいると気づかないうちに横に広がって歩いてしまったりするので、『端に寄りなさい』といわれているんです」と。「そういうところを意識しながらLDHらしいパフォーマンスをしたいと思います」と意気込んだ。

『第72回NHK紅白歌合戦』は「Colorful〜カラフル〜」をテーマに、NHK総合、BS4K、BS8K、ラジオ第1で12月31日(金)に放送される。

番組情報

『第72回NHK紅白歌合戦』
NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1
2021年12月31日(金)後7・30~11・45(※中断ニュースあり)

公式ホームページ:https://nhk.jp/kouhaku

©NHK

この記事の写真