井ノ原快彦、岡崎体育らがフラカンの名曲「深夜高速」の魅力を語る音楽特番が放送決定

音楽
2022年07月08日
『アワー・フェイバリット・ソング Vol.3 〜私が「深夜高速」を愛する理由〜』フラワーカンパニーズ©BSフジ

7月23日(土)に、『アワー・フェイバリット・ソング Vol.3 〜私が「深夜高速」を愛する理由〜』(BSフジ 深夜1時~1時55分)が放送。井ノ原快彦(20th Century)、岡崎体育、セントチヒロ・チッチ(BiSH)らがフラワーカンパニーズの魅力を語る。

この番組は、激動の時代でも変わらず歌い継がれ、愛され続ける「名曲」をテーマに、ひとつの楽曲を1時間かけてじっくりと掘り下げていく、BSフジの音楽特別番組。これまで、キリンジの「エイリアンズ」、Original Loveの「接吻」を特集し、幅広い世代から大きな反響が寄せられた。

そして、今回取り上げる曲は、フラワーカンパニーズが2004年にリリースした「深夜高速」。リリースから18年が経った今なお、多くのリスナー、ミュージシャンに愛されている楽曲だ。

今回は、そんな「深夜高速」のファンである伊集院光、井ノ原快彦、大久保佳代子、岡崎体育、セントチヒロ・チッチに話を聞き、楽曲との出会いやその魅力を深掘りする。

井ノ原は、「深夜高速」の魅力を「どの時代に聞いても胸にささる」という。初めてフラワーカンパニーズと会った時は彼らの無邪気さに驚いたといい、自身も歳を重ねていく中で、「音楽って楽しんでいいんだ!」ということを背中で見せてくれる、ありがたい存在であると称賛。同じく男性だけのグループで活動していたことを重ね、V6時代のメンバーとのやりとりや、一緒に歩んでくれたファンへの思いも…。

『アワー・フェイバリット・ソング Vol.3 〜私が「深夜高速」を愛する理由〜』井ノ原快彦©BSフジ

昨年、「深夜高速」をカバーしている岡崎は、当初は自分がカバーして良いのか不安もあったが、今後の人生の大きな糧になったと振り返る。ストレートカバーにした理由については「原曲がカッコ良すぎるので」と答え、ストリングスやピアノが入らないストイックな編成は「初期衝動に近い」と表現。一番好きな歌詞の一節について、音楽家に刺さるフレーズであり、自身も大切にしていきたいと語る、その言葉とは。

彼らと縁の深いライブハウス「中野heavysick ZERO」でインタビューに答えたセントチヒロ・チッチは、これまで何度も苦しくなった時に「深夜高速」を聞いていると告白。フラワーカンパニーズのライブへ訪れた際、バンドなのにダンサーのように見え、その「生々しい感じ」に「私もこうなりたい」と思ったという。さらに、深夜の高速をバスで移動した頃の思い出、ライブハウスでライブすることへのこだわりや思いも明かす。

『アワー・フェイバリット・ソング Vol.3 〜私が「深夜高速」を愛する理由〜』セントチヒロ・チッチ©BSフジ

自身のラジオ番組で「深夜高速」と出会ったという伊集院は、何かに追い詰められて抜け出そうとしている歌に聴こえ、当時の自分と重なり思わず涙した、と。大久保は仕事が忙しくなってきたあたりによく聴いていたといい、疲れやストレスも多かった当時、聴きながら白ワインをガブ飲みすると泣けてきた、というエピソードを披露する。

さらに、そんなフラワーカンパニーズのメンバーへも1人ずつインタビュー。それぞれが語る、ライブハウス、そしてそこで働く人たちへの思いとは…。最後は、フラワーカンパニーズによる「深夜高速」のパフォーマンスを送る。

予告編

番組情報

『アワー・フェイバリット・ソング Vol.3 〜私が「深夜高速」を愛する理由〜』
BSフジ
2022年7月23日(土)深夜1時〜1時55分
※8月4日(木)午後6時〜9月1日(木)午後6時の期間限定でBSフジオンデマンドで無料配信

出演:フラワーカンパニーズ(鈴木圭介、グレートマエカワ、竹安堅一、ミスター小西)
伊集院光、井ノ原快彦(20th Century)、大久保佳代子、岡崎体育、セントチヒロ・チッチ(BiSH)(※五十音順)

公式HP:https://www.bsfuji.tv/favoritesong/pub/003.html

この記事の写真

©BSフジ