稲垣吾郎インタビュー「朝ドラは忘れられないキラキラした思い出」連続テレビ小説『スカーレット』 | TV LIFE web

稲垣吾郎インタビュー「朝ドラは忘れられないキラキラした思い出」連続テレビ小説『スカーレット』

特集・インタビュー
2020年03月06日

連続テレビ小説『スカーレット』もいよいよ佳境。終盤のキーパーソンである医師・大崎を演じている稲垣吾郎さんにインタビュー。白血病という病と向き合う親子のよき理解者で支えとなっていく重要な役柄を演じる心境を聞きました。

『スカーレット』

“朝ドラ”は僕にとって忘れられないキラキラした思い出

◆今回が約30年ぶりの“朝ドラ”出演となる稲垣さん。まずは心境からお聞かせください。

前回は『青春家族』というドラマで、僕にとっては原体験として忘れられないキラキラした思い出です。当時まだ僕は14歳か15歳で、そんなに人に褒められたこともなければ、目立つような子でもなかった。そんな時に、父親役の橋爪功さんや母親役のいしだあゆみさんにすごく褒めていただいたんです。僕は、自然にせりふを言ってお芝居すればいいや、ぐらいに思ってナチュラルにやっていたんですが、それを認めて下さって、僕のアイデアをそのまま生かしてくださったりもして。一人のタレントとして、俳優として、芸能界で生きていく人間として、初めて認められた感じがしてすごくうれしかったんですよね。それ以来ご縁がなかったのですが、いつかまた“朝ドラ”の世界の中に参加したいなという思いはあったので、今回は本当にうれしいです。

◆今作で稲垣さんが演じる医師・大崎は、主人公・喜美子(戸田恵梨香)の息子で白血病を患う武志(伊藤健太郎)の主治医という役どころ。人物像についてや、役柄に共感する部分を教えてください。

脚本家の水橋文美江さんとはもともと知り合いで、よくコンサートに来てくれたり、そういう面識があったんです。だから多分すごく僕を見てくれていたというか。先生の中で“稲垣吾郎像”というのがしっかりあるんだなと思ったし、これを僕に言わせたら面白いんだろうなと感じるような脚本でした。ただ素の僕で演じてはいけないので、しっかりとヒロインたちを支えて安心感を与える医師、生きる希望を与える医師として物語の中に存在することができればと。後半は闘病生活、武志の病と戦う家族、という話になってしまうんですが、打ち合わせでチーフプロデューサーの方に “死”をテーマにしたものではなく、その中でどうやって生きていくか、“生きる”ということをテーマに描きたいとおっしゃっていただいて。それを芯に持ってちゃんと演じようと思いました。

◆共演シーンの多い戸田さんや伊藤さんの印象を教えてください。

戸田さんはドラマでの共演は初めてですが、自分の芯がしっかりされていて、それでいて周りを受け止める許容力っていうのがしっかりある方だなと。まさに喜美ちゃんそのものだなと思いながら現場でご一緒させていただきました。伊藤さんは新しい地図として初めてやらせていただいた「クソ野郎と美しき世界」という映画で、共演シーンはなかったんですがご一緒して。こんなこと言うとおじさんみたいですけど、自分が伊藤さんぐらいの年代の時は、ここまでしっかりとお芝居できなかったなってぐらい堂々とされていて。この間武志がろくろを回しているところを僕が見るというシーンを撮ったんですが、手つきとかも素晴らしく。多分ずっとお勉強されてるからだと思うんですが、そういう姿を見ても武志にしか見えなかったですね。

『スカーレット』
『スカーレット』

草彅君はクルミちゃんと、香取君は寝る前に見てくれるんじゃないかな(笑)

◆大崎は喜美子にとって精神的な支えになりますが、稲垣さんにとってそういう存在、あるいはお守りのようなものはありますか。

“ヒロ君”ですかね!…飽きましたね、このネタ(笑)。でも友であり家族であり、一緒に仕事している仲間であり、そういう人はたくさんいます。僕は意外と悩みとかを自分一人で抱え込まずにすぐ人に相談するタイプで。喜美ちゃんや武志君は、人に心配を掛けちゃいけないと結構踏ん張ってると思うんですが、僕は逆で、全然甘ったれ(笑)。逆に相談されるのも全然いいです。お守りは、物に執着しないタイプなので…。でも喜美ちゃんのように、僕もすごく陶器に興味が湧いてきてます。この間大阪城の周りを散歩したんですよ。その後森ノ宮の駅から環状線で大阪駅に行って、デパートに入ったらちょうど信楽焼が売ってて。マグカップを買おう…と思ったんですが、衝動買いはよくない、家の食器棚を確認してから購入しないと食器はかさばってしまうから、と思って結局買いませんでした。…特にオチはありません(笑)。大阪でもずっとお仕事をしてきたのにあんまり街を歩いたことがなかったので、すごくいい経験になりました。

◆ちなみに稲垣さんの“朝ドラ”出演を知った時の草彅剛さん、香取慎吾さんの反応は?

これはもう、一緒にいたら絶対ある質問なのに!まだ何も言われてないんですよね(笑)。僕らは意外とお互いのことを新聞で初めて知ったりすることが多いんですよ。「あれ? ドラマやんの?」とか(笑)。でも本当に応援してくれると思います。特に草彅君は愛犬のクルミちゃんと一緒に早起きしてますから毎日見てくれると思いますし、香取君は、なんせ夜更かししてますから。寝る前に見てくれるんじゃないかと思いますけどね(笑)。

■放送情報

連続テレビ小説『スカーレット』
NHK総合
毎週(月)~(土)前8・00~8・15ほか

■PROFILE

稲垣吾郎
●いながき・ごろう…1973年12月8日生まれ。東京都出身。O型。『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)、『不可避研究中』(NHK総合)にレギュラー出演中。主演映画「ばるぼら」が2020年公開予定。