上野優華インタビュー「自分にないものだからこそ、より深く想像できるのかな」

特集・インタビュー
2021年03月19日

「寄り添うことのほうが自分には向いているなと思いますね」

◆自分の中にはない感情を、曲から教えてもらえるわけですね。

提供していただいた曲では、そういうことが本当に多いですね。あと、私はSNSとかを通じて、いろんな人から恋愛相談を受けることが多いんですよ。“(好きな人に)話しかけられません”みたいな人が、私のファンにはすごく多くて。そういう人が思っていることに対して、“こういう女の子を描いたら共感してくれるんじゃないかな”とか“こういう曲があの子に必要なんじゃないかな”と思って書いたのが、「好きでごめん」なんです。

◆自分の曲に対する反響を取り入れて、曲や歌詞を生み出している。

(反響を知ることで)“世の中の女の子はこういう恋をしているんだ”というものが見えてくるので、そこに対しての“アンサー”というか。“こういう曲を出したら、どんな反応が返ってくるだろう?”と考えながら書いています。だから私の想いを発信するというよりも、“あなたにこういう曲はどうですか?”と寄り添うことのほうが自分には向いているなと思いますね。

◆そういう意味で今回の「愛しい人、赤い糸」は、どんな人に聴いてほしいですか?

この曲は、いろんな捉え方ができる曲だと思っていて。もちろん私が今まで歌ってきた失恋や片思いの曲に共感してくれる方にはすごく刺さると思うんですよ。“好きな人に今は振り向いてもらえないけど…”っていう感じで、切なく刺さる曲なのかなと。でも逆に今は幸せをつかんだ人というか、もう大人になっていて“(かつて)こういう恋をしていたな”と思い返す人にとっては、柔らかくにじむような愛しさが詰まった曲にもなると思うんです。

◆聴く人によって、まったく違う響き方をするというか。

本当にその人その人によって(解釈が)違うと思うんです。決して“失恋ソング”だとは限らない曲だと思うので、いろんな人にどんな刺さり方をするのかがまったく読めないですね。

◆歌詞の内容的にも、まだ失恋しているわけではないですからね。

そうなんですよ。だからこそ本当に“赤い糸で繋がっている”という解釈もできるし、“繋がっていると思わないとつらい”という片思いの歌にも聞こえるし、いろんな捉え方ができるというか。リリースした後、この曲がどんなふうに広がっていくのか分からないし、今はそこへの期待がすごく大きいですね。

◆ライブでやるのも楽しみなのでは?

楽しみですね。私はレコーディングした通りに歌うことができないので、その時の気持ちやセットリストの流れによって、曲の意味がまったく変わってくるんです。だから“その時、私はどういうふうに歌えるんだろうな”という意味でも楽しみだし、ライブで早く歌いたいなと思っています。

PROFILE

●うえのゆうか…1998年2月5日生まれ。徳島県出身。2012年、1万人を超えるボーカルオーディションでグランプリを獲得。翌2013年、映画の主演・主題歌でデビュー。以降もコンスタントにリリース・ライブ活動を展開する一方、ドラマ・映画などでメインキャストを務めるなど、歌手・女優の活動を中心に多方面で活動を続ける。また、2017年からは国内外におけるベトナムとの文化交流活動も精力的に行なっている。YouTubeで400万回再生を突破した「好きな人」MVなどに多数の共感コメントが寄せられており、“いま、泣ける声”と称されるシンガー。

リリース情報

Digital Single『愛しい人、赤い糸』
2021年3月17日(水)配信

ライブ情報

「上野優華 23rd Birthday & Debut 8th Anniversary LIVE 〜Smile & Song〜」
2021年7月11日(日)東京・大手町三井ホール(※1部・2部制)

WEB

公式サイト:https://yuuka-ueno.com/
公式Twitter:https://twitter.com/yuuka_official
公式Instagram:https://www.instagram.com/yuukaueno0205/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@yuuka_official

この記事の写真

●photo/YOSHIHITO_SASAKI text/大浦実千

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4