『転スラ』で一躍注目の存在に! 声優・岡咲美保がデビューシングルで届ける“ハピネス”

特集・インタビュー
2021年09月15日

10代で声優デビューし、アニメ『転生したらスライムだった件』のリムル=テンペスト役などで瞬く間に注目の存在となった岡咲美保さんが、915日にシングル「ハピネス」でアーティストデビュー! 幼いころから歌うことが好きだったという彼女に、現在の心境やデビュー曲「ハピネス」について聞いた。

 

◆まずは、岡咲さんが声優を目指すようになったきっかけを教えてください。

私は幼いころからずっと人見知りで、中学生になってもなかなか他人と仲良くなれなかったんです。それで“どうしよう…と思っていた時、仲良くなりたいなと思っていた子たちがアニメやボーカロイドの話をしていて。当時の私はそうしたものに対しての知識は少なかったのですが、興味を持って調べたら、あれよあれよという感じで惹かれて。それがきっかけで、その子たちとも仲良くなれました(笑)。

◆そこからアニメに興味を持つようになった?

それと同時に、キャラクターに声を吹き込む声優という職業をすごく意識するようになりました。みんなで将来の夢の話をする時も、漠然とではあるんですが、「私は声優になりたいな」と口にするようになり、声優って役を通していろいろな職業に就けたり、性別も変えられたり、魔法を使ったり空を飛んだりもできる。現実の世界では不可能なことができるので、自分の好奇心を満たしてくれるという意味でも“やってみたい”という思いが大きくなっていきました。

◆その仲良しグループ内では、声優に関する話題も出ていたんですか?

「あの声優さん、素敵だよね!」みたいな話は、よく出ていました。私も友達から「声が印象的だね」「きっと美保は声優に向いてるから、頑張りなよ!」と言ってもらえることが多くて。それがすごくうれしくて、自分の中でも“目指してもいい夢なのかもしれない”と思うようになりました。

◆当時、人気の声優と言うと?

私がすごく憧れているのは、水樹奈々さん! 日笠陽子さんも、役者としてはもちろん、歌の表現力も本当に素晴らしいなと感動しています。男性声優だと、当時『ソードアート・オンライン』というアニメが人気で、その作品でメインキャラクターの声を当てられていた松岡禎丞さんは、周りの子たちもすごく注目していましたね。

◆今回アーティストデビューということですが、歌うことはもともと好きだったんですか?

歌は子供のころからすごく好きで、物心がつく前からいつもメロディーを口ずさんだり、音楽が流れると踊ったりしていたみたいです(笑)。今でも、気がついたら小声で歌を口ずさんでいたりと、ずっと何かしらの音を発していますね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4