林ゆめインタビュー「凛子さんたちと仲良く共有している写真は…私の寝顔なんです(笑)」『凛子さんはシてみたい』

特集・インタビュー
2021年10月18日

「めちゃコミック」ランキング1位獲得、累計1100万ダウンロード突破の大人気コミックを実写ドラマ化した『凛子さんはシてみたい』(MBS/TBS)。この“オトナはじめて”を巡る純愛ラブストーリーでドラマレギュラー“はじめて”を飾るのは、「世界で最も美しい顔100人」に2019、2020年度と2年連続でノミネートされ、地元・北海道富良野市の「ふらの観光親善大使」も務める林ゆめさん。ドラマの役どころや撮影の舞台裏、作品の魅力、そして女優としての今後の夢などを語ってくれました。

◆初のドラマレギュラー出演おめでとうございます。出演が決まった際のお気持ちを振り返ってどうですか?

ずっと演技のお仕事がしたいと思っていましたし、演技のレッスンもしていたので、本当にうれしかったです! マネージャーさんから電話で「ドラマ決まったよ!」という連絡が来たのですが、うれしすぎて変な声が出ちゃったぐらいです(笑)。

◆『凛子さんはシてみたい』は「オトナのはじめて」がテーマの人気コミックが原作ですが、作品全体の印象はいかがですか?

ドラマを理解して役作りをするために、原作も全部読んで勉強しました! 少女マンガ的な設定なのに「オトナの恋愛」がテーマなところが好きです。10代の女の子にはもちろん、主婦層や大人の女性にも幅広く楽しんでいただける作品だと思います。ドラマの公式SNSにもありますが、本当に“うぶキュン”という言葉がしっくりくるんです。凛子さんの初心さ(うぶさ)にキュンキュンしちゃうので、まさに“うぶキュン”な作品です!

◆林さんが演じる、ヒロイン・凛子(高田夏帆)の後輩ウエディングプランナー・坂崎舞香について教えてください。

凛子さんの後輩で、凛子さんのことをすごく尊敬している女性です。明るくて元気いっぱいなのですが、この明るくて元気という部分は普段の私に近いです。なので役作りにも苦労することなく、楽しくやらせていただいています!

◆演じる上で気を付けていることや、意識していることは?

『凛子さんはシてみたい』はラブコメ作品でもあるので、コメディとして求められることも多く、演技もハイテンションで大きいものが必要になります。なので、リアクションや表情は“大きめ”を意識しています。監督さんからも演技指導が入るんですけど、「こんなふうにやってみて!」って実際に演技を見せてくださるんです。それがすごく面白いんですよ(笑)。監督さんにはいつも笑わせてもらっています。作品に関わる皆さんが本当に優しい方ばかりで。ドラマの現場は大変そうなイメージがあったのですが、初めてのドラマ現場がこんなに楽しくて本当にありがたいです!

◆現場の雰囲気はとても良さそうですね。『凛子さんはシてみたい』は高田さん、戸塚祥太さんのW主演をはじめ、出演陣も豪華です。現場では皆さんとどう触れ合っていますか?

私は高田さん、住谷亜希役の牧野莉佳さんとの3人のシーンが主で、仲良く写真を撮ったり、一緒にランチを食べたりしています。みんなで写真を共有しているぐらい仲良しです!

◆どんな写真を共有されているんですか?

それが…私の寝顔なんです(笑)。ドラマの撮影って早朝からだったりするので、ご飯を食べた後とかは眠くなっちゃって…。休憩時間や待ち時間にウトウトしちゃうんです。その寝顔を…牧野さんにこっそり撮られていて! 写真集にできるんじゃないかというぐらいの枚数があります(笑)。でもそれだけリラックスして挑めている現場ということですよね。

◆現場のすてきな空気が伝わってきます。今回のドラマでいろいろ学ばれることも多いと思いますが、今後やってみたい役どころは?

私はもともとドラマを見ることが好きで、医療系のドラマや刑事ドラマに挑んでみたいという気持ちが湧いてきています! 医療系ドラマだったら、カッコいいお医者さんの役をやってみたいです。刑事ドラマなら、アクションシーンがやりたいです! 学生時代はバスケットボールをやってきたので、体を動かすのが大好きなんです。バック転の練習もしているので、そこも生かしていけたらいいですね。小さいころはゴーカートも得意だったので、パトカーでのカーアクションもやってみたいです(笑)。

◆そんな幼少期を林さんが過ごした富良野は、そろそろ観光に最適なシーズンですね。“ふらの観光親善大使”として今季オススメしたいスポットを教えてください。

これからの富良野は本当に雪質が良くて、本物のパウダースノーなんです! なので、スキー場は絶対に外せません。朝はダイヤモンドダストがきれいですし、幻想的です。首都圏では感じられないほどの寒さも魅力的ですよ! まつ毛も凍るほどのマイナス30度ですからね! 今振り返ると、その寒さの中でよく外ではしゃいでいたなと思うほどです(笑)。あと、今年は『北の国から』の放映40周年なのでロケ地巡りもオススメですし、スタンプラリーも開催中なので、参加していただけたらうれしいです。

◆そして10月18日は林さんのお誕生日です。おめでとうございます! 新たな目標などがあったら教えてください。

ありがとうございます! 今回の撮影現場でドラマの楽しさを学べたので、ドラマには引き続き挑戦できたらと思っています。ドラマ以外では、先日『錦鯉が行く!絶景富良野ゆめツアー』(HTB北海道onデマンドにて配信中https://hod.htb.co.jp/p/kn004001)という錦鯉さんと富良野を巡る番組でMCをやらせていただいて。これが本当に楽しくて、もっとMCや進行役をやってみたいという気持ちになりました! あと、体を動かすようなバラエティ番組にも挑戦したいです!

◆では最後に、あらためてドラマ『凛子さんはシてみたい』の見どころをお願いします。

何でもできるし、美人でスタイルも良くて、すてきな表情をたくさん持つ凛子さんには、実は隠していることがあって…そんな隠し事が恋愛に発展していって…というドラマです。凛子さんが、うぶかわいいのでキュンキュンしていただけると思いますし、広い世代の方に共感していただけると思っています。私たちは凛子さんの後輩役として、凛子さんに憧れつつも、その魅力を全力で引き出します! ぜひお楽しみください!

PROFILE

●はやし・ゆめ…1995年10月18日生まれ。北海道出身。A型。身長168cmと恵まれたスタイルとビジュアルを武器に、誌面・モデルの活動やバラエティ番組にも出演。現在は地元・北海道富良野市の「2021年ふらの観光親善大使」として富良野市のPRを積極的に行い(https://youtu.be/GvxGfg5YKKY)、北海道のテレビ番組にも多数出演。また、FM FUJI「劇団サンカーニバル」にもレギュラー出演中。

番組情報

『凛子さんはシてみたい』
2021年10月19日(火)スタート
MBS 深0・59~1・29
TBS 深0・58~1・28
※初回のみ、MBS深1・14~、TBS深1・43~放送。

<STAFF&CAST>
原作:藤田みお
脚本:倉光泰子
監督:椿本慶次郎
出演:高田夏帆、戸塚祥太、筧美和子、飯島寛騎、ゆん(ヴァンゆん)、猪塚健太 ほか

<STORY>
27歳にしてウエディングプランナーのチーフに昇格し、地位や名誉などすべてを手に入れた雨樹凛子(高田)。完璧に見える彼女のひそかなコンプレックスは、27歳にしていまだ処女ということだった。ひそかに気になっている35歳のイケメン映像クリエイター・緋山余一(猪塚健太)には、そんなことバレたくない…! 一刻も早く性体験というピースを手に入れるため、親友の木場園子(ゆん)に合コンに連れて行ってもらうが、いい出会いはなく…。そんな中、偶然入ったバーで同期の上坂弦(戸塚祥太)に会う。契約数1位を誇り、容姿端麗で女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子の上坂だが、彼もまた童貞であることが明らかに。凛子は自分が処女だということを隠し、上坂をラブホテルに誘い…!?

●photo/関根和弘 text/来須米国

林ゆめさんのサイン入り生写真を1名にプレゼント!

<応募方法>
TV LIFE公式Twitterをフォロー&プレゼント告知ツイートをRTしていただいた方の中から抽選で1名に林ゆめさんのサイン入り生写真をプレゼント!
当選者には、TV LIFE公式TwitterアカウントよりDMでお知らせいたします。

TV LIFE公式Twitter(@tv_life):https://twitter.com/tv_life

<応募締切>
2021年10月30日(土)23:59