松井愛莉と笠松将が結婚相手に求める条件は正反対!?「どこからが浮気なのか?」 FODドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』特集 第2弾!

特集・インタビュー
2021年10月22日

 

現在配信中のFODオリジナルドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』。脚本家の野島伸司が、令和の女性の“結婚観”をオリジナリティたっぷりに描く話題作です。特集の第2弾となる今回は、正直すぎるお嬢様・境野仁美を演じる松井愛莉さんと、仁美が惹かれていく男性・甲斐まなぶを演じる笠松将さんが登場! 撮影時のエピソードから、ますます目が離せなくなるドラマの見どころまで、たっぷり語ってくれました。

 

◆まず、それぞれが演じる役について教えてください。

松井:私が演じる仁美は、自分の気持ちに正直な女性です。正直すぎるがゆえに、言わなくてもいいことまで言って周りを振り回すことも。でも基本的には純粋で、まっすぐな女性だと思います。

笠松:まなぶは、目の前のことにまっすぐな人です。それって一見よく聞こえるけど、まなぶの場合は自分の未来に諦めがあって。先が見えないから目の前のことだけに集中しているというか。そんなまなぶが仁美と出会うことで、一歩踏み出す勇気をもらって成長していく姿に、僕も学ばせてもらっています。

◆それぞれ、ご自身と役の共通点はありましたか?

松井:私も嘘をつくことは苦手なので、そこは似てるかなと思います。でも、私は言わなくてもいいことはわざわざ言わないですね(笑)。相手が傷つくような本音なら言いたくない。仁美は多分、言わないと自分の気持ちを清算できないんでしょうね。

笠松:僕は結構似ている部分が多いなと思いながら演じさせてもらいました。まなぶって一生懸命だけど、人間誰しも生きてれば一生懸命だから、そこがまず共通してるし。でも、その一生懸命のポイントの置き場が違うのかなと。ドラマの撮影で例えると、僕はシーンの完成形を意識して一つひとつのカットを撮っていきたいタイプなんですね。でもまなぶは、完成形のイメージは持たずに、今やってるカットだけに集中するような感じの一生懸命さで。

◆その場その場で生きているような。

笠松:僕も以前はそうだったんですよ。自分はどうせ役者業で上にいけないだろうから、今の位置で十分だ、もらったせりふだけ頑張ればいいんだって、自分に嘘をついていた。でもそれって、考えることをサボっているだけで。計画を立てて、着実にその先を狙っていかないとダメなんだと気づいてからは、考え方を変えました。まだ道の途中ですけどね。

◆同じ一生懸命でも、その置き場によって未来が変わってくるんですね。ところで、今回お2人は初共演とのことですが、お互いの第一印象はいかがでしたか?

松井:笠松さんは、他の作品で怖い役をやられているイメージが強かったので、実際も怖いのかなと思ってました(笑)。でもお会いしてみたら、気さくで優しくて。現場でもリーダーシップをとって、場の空気を和ませてくれています。

笠松:松井さんもリーダータイプだと思いますよ。リーダーのタイプっていろいろあるけど、松井さんは「人よりも自分が頑張ればいい」みたいなタイプで。現場をポジティブな空気にしていくから、みんな松井さんとのシーンはすごくやりやすいと思います。

松井:いやいや…。私自身、全然リーダータイプじゃないですよ。むしろ、みんなを引っ張っていくようなことは、本来すごく苦手なので。笠松さんがいてくださって、ありがたかったです。

◆撮影中も、笠松さんの発言で楽しそうに盛り上がっていたのが印象的でした。

笠松:ドラマの現場では、あそこまではふざけてなかったですけど(笑)。

松井:いや、結構ふざけてたよ?(笑)

  1. 1
  2. 2
  3. 3