中井友望インタビュー「アクが強い役とかコメディタッチの作品にも、いつか挑戦してみたい」

特集・インタビュー
2021年11月13日

中井友望インタビュー

◆11月19日公開の「ずっと独身でいるつもり?」のふくだももこ監督とは、以前に舞台でご一緒したことがあるそうですね。

そうなんです。監督が作・演出された「夜だけがともだち」という舞台でご一緒させていただいて、それが私にとっての初舞台でした。その舞台がめっちゃ楽しかったんです。ふくださんとはそれ以前にも何度かお会いしたことがあって大好きな方だったので、ずっと“次は映画で呼んでもらえたらいいな”と思っていて。そしたら今回ご一緒することができて。それだけですごくうれしかったです。

◆最後のほうで派手なメイクと服装に変身して登場するシーンは衝撃的でした。

今までにしたことのないメイクと服装だったので自分的にはすごく楽しかったんですけど、見ている方が(自身が演じた)紗綾だと気づくのか、ちょっと心配です(笑)。清純だった紗綾が大変身したシーンなので、現場でもスタッフさんたちが驚いていて。個人的には、ああいう服を着るだけで強くなれたような気がして、今後もいろんな役をやってみたいという気持ちになりました。それこそアクが強い役とか、コメディタッチの作品にもいつか挑戦してみたいです。

中井友望インタビュー

◆さらに、12月に開催される音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB[JOINT]2021-2022」のイメージモデルにも決まりました。

過去に臼田あさ美さんや小松菜奈さんなどがイメージモデルを務められていたので、“まさか私が!?”って。これまでは上映される映画に出ている方が多かったのでビックリしましたけど、その分、そのお話を頂いた時はめっちゃうれしかったです。

◆立て続けに映画が公開されるなど大活躍の2021年後半ですが、2021年を振り返ると、どんな1年でしたか?

いろいろな方から“立て続けに”と言ってもらえるんですが、立て続けもいつか終わっていくので、うれしいのと同時に、この“立て続け”という状況をずっと続けていきたいなって思いました。撮影時点ではあまり実感が湧かなくて、SNSとかで「公開日が○月○日に決まりました」と発信する時も少し不思議な感覚だったんですが、でも実際に公開日が近づいて実感することが増えていくにつれて、“これを続けていきたい!”って。

◆慎重派な中井さんらしく、浮かれた感じはないんですね(笑)。

そうですね…(笑)。

◆2021年中にやっておきたいことは何かありますか?

今年に限ったことではないんですが、映画を観たり本を読んだりなど、いろんなものに感動したり、自分の中に吸収できそうなものにたくさん触れていきたいですね。

PROFILE

中井友望インタビュー

中井友望
●なかい・とも…2000年1月6日生まれ。大阪府出身。「ミスiD 2019」でグランプリを獲得し、2020年にドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』で女優デビュー。2021年は、10月に公開された映画「かそけきサンカヨウ」に続き、11月5日公開「シノノメ色の週末」、11月19日公開「ずっと独身でいるつもり?」と出演作が続々公開。12月3日〜23日に東京・UPLINK吉祥寺で開催される音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB[JOINT]2021-2022」のイメージモデルを務める。

公式サイト:https://tencarat.co.jp/nakaitomo

公式Instagram:@youwang16

 

photo/TOMO(tweety) text/水上じろう hair&make/SHIO styling/南拓子

  1. 1
  2. 2
  3. 3