中井友望インタビュー「アクが強い役とかコメディタッチの作品にも、いつか挑戦してみたい」

特集・インタビュー
2021年11月13日

透明感と独特の存在感をあわせ持つ注目の若手女優・中井友望さん。10月から11月にかけて、「かそけきサンカヨウ」「シノノメ色の週末」「ずっと独身でいるつもり?」と3本の出演映画が立て続けに公開されるほか、12月に開催される音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB [JOINT]2021-2022」のイメージモデルにも決定。時代を担う女優としてブレイク必至の彼女に、各作品の撮影エピソードと今後の展望を聞きました。

 

◆出演映画が立て続けに公開されて取材を受ける機会も増えていると思いますが、取材はいかがですか?

このお仕事を始めてから2年くらい経つんですが、最近いろいろな取材を受けさせてもらうようになって、人と話すことがだんだん楽しくなってきました。あとになって“あの受け答えで良かったのかな…”と気にすることはありますけど、話している時は楽しいので、プラスマイナスゼロですね(笑)。

◆10月から11月にかけて、「かそけきサンカヨウ」「シノノメ色の週末」「ずっと独身でいるつもり?」と3本の映画が立て続けに公開。撮影はどのような順番だったんでしょう?

撮影も、公開と同じ順番でした。「かそけきサンカヨウ」と「シノノメ色の週末」が昨年の夏〜秋くらいで、「ずっと独身でいるつもり?」が今年の春くらいだったと思います。

◆最初に撮った「かそけきサンカヨウ」は、中井さんにとって長編映画初出演作となりました。撮影を振り返って、いかがでしたか?

やっぱり初めてのことばかりで撮影前は緊張したりと、いろいろ不安もあったんですが、今泉(力哉)監督やスタッフさんたち、そして共演者の皆さんがいい方ばかりで。現場では緊張したり身構えたりすることなく、わりと普段通りの自分でいることができたと思います。

◆こうしたインタビューでも、質問の1つひとつに対してじっくり考えて答える中井さんですが、芝居に関してもじっくり考えて表現するタイプですか?

そうですね。でも、考えるだけじゃダメだと思うんです。 頭の中でどれだけ考えていても、それをちゃんと表現できなかったら伝わらないので、そこが難しいなって。自分の意図したことが見る人にあまり伝わっていないんじゃないかとか、しっかり伝えるためにはどういう表現の仕方があるんだろうとか、初めて大きいスクリーンで自分の芝居を見た時に、すごくそう思ったんです。

◆中井さんが演じた鈴木沙樹は、繊細な演技が求められる役だったと思います。撮影中は今泉監督と話し合いながら役を作っていったんですか?

役作りについてたくさんお話したというよりは、最初は私が考えたように演じさせてくださって、それに対して違和感があったら監督のほうからいろいろ聞いてくださる感じでした。ただ、今思えば私にとっては初めての長編映画だったので、自分から聞きにいったほうが良かったのかなとか、そこでもまた考えちゃって…(笑)。いっぽうで、自由に演じさせてもらえたからこそできたこともあったのかなとは思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3