坂口健太郎の“特技”に長瀬智也が物言い「ジャッジが難しい」 | TV LIFE web

坂口健太郎の“特技”に長瀬智也が物言い「ジャッジが難しい」

バラエティ
2020年02月26日
『TOKIOカケル』

 2月26日(水)放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)は、ゲストに坂口健太郎が登場する。

“坂口の生まれて初めて聞かれました”では「宝の持ち腐れは何?」という国分太一からの質問に、坂口は「大型バイクの免許証」と回答。バイク好きの長瀬智也とドラマで共演した際に話を聞いて興味を持ち、ドラマ終了後すぐに大型バイクの免許を取ったという。

 教習所に通っているときは「こんなの乗りたい!」「あれもいいな」とさまざまなバイクに関心を高めていたというが、免許取得から2年たった今でも一度も乗っていないと打ち明ける。「購入する予定はあるの?本当に欲しいの?」と責められ、言葉に詰まる坂口に、国分は番組で企画しようと提案する。

 TOKIOのメンバーも自身の“宝の持ち腐れアイテム”を発表。あるメンバーから貴重なアイテムをもらったものの、使えなくしてしまったアイテムがあるという城島茂が「今まで言えなかった」というその理由を初めて明かす。

 また、長瀬は「日本で100位以内に入る自信がある選手権はなにか?」を尋ねる。坂口は「183センチの身長のわりに、手がすごく大きて厚みがある」と答え、182センチの長瀬と比べてみることに。

 長瀬は「確かにデカいね!」と認めつつ、「でも、ただ手を挙げただけで何かをやったわけじゃない!これだとジャッジが難しい」と不満の声を上げる。

 「特技が本当になくて…」と言い訳をする坂口だが、松岡昌宏にも「うちの番組はそれじゃ終われないから」と言われてしまう。番組初の特技が認められない事態に、坂口は渾身の特技を次々に披露するが…。

 “教えて!男子の正解!”では「元カノからもらったものを使っている彼氏に、使わないでほしいという女子?我慢する女子?」というお悩みに、坂口は「我慢が続くと、付き合っていくのがキツくなるので言ってほしい。でもアクセサリーは嫌ですね」と回答。「逆に何だったら許せるのか?」を、世代の異なるTOKIOと坂口がそれぞれの恋愛観で議論する。

『TOKIOカケル』

<坂口健太郎 コメント>

◆2年ぶりの収録について

「3回目なのでリラックスしてお話しできました。長瀬さんとはドラマで共演もさせていただいたので、特にお話しやすかったです」

◆“これだったら日本100位以内!ナニ選手権?”ではTOKIOのジャッジが厳しかったですね?

「手の大きさで完全にいけると思ったんですが(笑)。振り絞ったら面白いものを思い出せたので、いい機会でした」

◆“教えて!男子の正解”では世代の違うTOKIOとトークを展開しましたが?

「意外と皆さんと感覚が近いなと感じました。正解、というより、しゃべり方や物腰の感じで伝わり方は変わるなぁとあらためて思いました」

◆一番女心を分かってそうだな、と思ったメンバーは?

「そりゃもう、松岡さんです(笑)。松岡さんのおっしゃっていることは、特に説得力がありましたね」

◆見どころなど、視聴者へのメッセージ

「僕の経験談、考え方をお話するだけでなく、全員でトークを展開しました。TOKIOの皆さんの考え方も知ることができますし、とても面白いと思います!」

『TOKIOカケル』
フジテレビ系
2月26日(水)後11時~11時40分

<出演者>
TOKIO

<ゲスト>
坂口健太郎

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/
公式Twitter:https://twitter.com/tokioxinfo

©フジテレビ