アインシュタインがレギュラー交代の危機!?『痛快!明石家電視台』4・6放送 | TV LIFE web

アインシュタインがレギュラー交代の危機!?『痛快!明石家電視台』4・6放送

バラエティ
2020年04月06日
『痛快!明石家電視台』

 4月6日(月)放送の『痛快!明石家電視台』(MBS)は、「さんちゃん芸人牧場 イチバンは誰だ」の第5弾を送る。

 今回は、吉本新喜劇座員と漫才劇場で活躍中の関西の若手芸人100人がスタジオに大集合。事前に実施したアンケートを基に、さまざまなイチバンを発表する。

『痛快!明石家電視台』

 最初のイチバンは「先月のギャラ、イチバン稼いだのは誰だ?」。なんとコーナー史上初、2度目のギャライチバンに輝いた吉本新喜劇の座員が登場。前回は68万2211円だったが、果たして今回はこのギャラを超えるのか。しかし、浮かない表情で「2か月後の収入がなくなるかも」という新喜劇座員の切実なギャラ事情を告白する。

 次のテーマは「親に買ってもらった物の金額イチバンは誰だ?」。結果が発表されると、予想をはるかに超えた超高額にスタジオはどよめく。そして、父親に買ってもらったというある物が明かされると、明石家さんまも絶句。コンビの相方は「お金持ちすぎて感覚がズレ過ぎている」という衝撃エピソードを暴露する。しかも実家にはゴールデンレトリバーを20匹以上飼っていることまで明かされ、スタジオは再びどよめく。

 続いて「先月、先輩におごってもらった回数イチバンは誰だ!?」のテーマでは、先輩芸人がハマるヨイショ芸人が登場。さんまに憧れてこの世界に入ったというエピソードのほか、次々とさんまをヨイショする若手芸人に対して「絶対にだまされへんで」と受け流すさんま。

 しかし、明石家メンバーも思わず「すごいな!」とうなるヨイショネタを披露すると、さんまも次第にまんざらでもない表情に。そして、アインシュタインがまさかのレギュラー交代の事態へと発展する。

『痛快!明石家電視台』
『痛快!明石家電視台』

 自己アピールコーナー「自己申告イチバン!○○なら負けません!」では、さまざまな芸人たちがさんまにぜひ見てもらいたいというネタを披露。たいしたことない話をボイスパーカッションで盛り上げるコンビや、さんまに「顔面がコワい」とツッコまれる元自衛隊員、新喜劇座員の今別府直之に愛されすぎている芸歴2年目の女性座員などが登場する。

『痛快!明石家電視台』
MBS(関西ローカル)
4月6日(月)後11・56~深0・53

<出演>
明石家さんま
間寛平
村上ショージ
蛍原徹(雨上がり決死隊)
アインシュタイン

<ゲスト>
関西の若手芸人100人

<アシスタント>
辻沙穂里MBSアナウンサー