山里亮太「落語デビューにこんな最高の機会はない」人気落語家のテレビ寄席『語落 -GORAKU-』6・5放送 | TV LIFE web

山里亮太「落語デビューにこんな最高の機会はない」人気落語家のテレビ寄席『語落 -GORAKU-』6・5放送

バラエティ
2020年06月04日
『語落 -GORAKU-』

 6月5日(金)放送の『語落 -GORAKU-』(フジテレビ)でMCを務める山里亮太と柳家喬太郎のコメントが到着した。

 緊急事態宣言は解除されたものの、演劇やライブなど、客入れを伴う公演はまだまだ自粛が続くことが見込まれている現在。“お家で楽しむプレミアムなテレビ寄席”をコンセプトに、いま落語界を席巻する実力派の落語家たちが、普段テレビではなかなか見られない本気の落語を披露する。

写真をもっと見る(全11枚)

 トップバッターは、MCでもある柳家喬太郎。寄席や多くの落語会でトリを務めることが多い喬太郎が、あえて番組冒頭で落語を披露し、一気に番組を盛り上げる。その勢いに続いて、桃月庵白酒、柳家三三、三遊亭兼好、桂宮治が得意の古典落語を披露。林家彦いちは自身が作った新作落語を、立川談笑は古典に大胆なアレンジを施した改作落語を披露する。

 トリを飾るのは、春風亭一之輔。落語をほとんど知らない人でも名前くらいは聞いたことがあるであろう古典落語の名作「芝浜」を披露。地上波テレビではなかなか見られない長尺落語をたっぷり送る。

 また、MCを務める山里と喬太郎は今回が初共演。山里が抱く落語に関する素朴な疑問に、喬太郎がユーモアたっぷりに説明&解説し、息ぴったりのやりとりを繰り広げる。

<柳家喬太郎 コメント>
◆収録を終えていかがですか?

仲間内の芸は、照れがあるので普段はこんなにちゃんと聴かないんですけど、とても勉強になり、あらためて落語ファンになることができました。いい機会をいただきました!

◆番組の見どころをお願いします。

自粛が続き高座がなく、気持ちが有り余っている連中がぶつけた高座を楽しみに見ていただければと思います。お客様も自粛だったけれど、僕らも自粛だったのでその今の思いをぶつけました

<山里亮太 コメント>
◆収録を終えていかがですか?

本当に楽しかったです。落語ってこういう見方があるんだって、勉強させていただきました。今回の収録でまた一つ楽しむものに出会えた感謝があります!

◆番組の見どころをお願いします。

この放送でしか絶対見られない並びです!“落語って年配の方の趣味で若い人たちには…”って、食わず嫌い的な感じで見てこなかった方たちは、落語デビューにこんな最高の機会はないと思うので、ぜひ見ていただきたいです。もとから落語が大好きという方たちは、今思っている以上のすごい落語を見られると思うので、ぜひお楽しみにしてください!

『語落-GORAKU-』
フジテレビ
2020年6月5日(月)深1・30~4・00

MC:山里亮太、柳家喬太郎
出演:林家彦いち、立川談笑、桃月庵白酒、柳家三三、三遊亭兼好、春風亭一之輔、桂宮治

©フジテレビ