GACKTのロックダウン緩和後の生活に密着『直撃!シンソウ坂上』 | TV LIFE web

GACKTのロックダウン緩和後の生活に密着『直撃!シンソウ坂上』

バラエティ
2020年06月11日
『直撃!シンソウ坂上』

 6月11日(木)放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)は、ロックダウン緩和後のマレーシアでのGACKTの生活ぶりに密着。2週にわたって“GACKTの今”に迫る。

『直撃!シンソウ坂上』

 収録には、GACKT本人もリモートで参加し、スタジオゲストとして、カズレーザー(メイプル超合金)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、本仮屋ユイカが出演する。

 新型コロナウイルスの影響で、GACKTが住むマレーシアは3月18日から全土でロックダウンされた。その後、5月4日から条件付きで一部緩和され、外出が認められるように。

 番組では、ロックダウン緩和後、GACKTが初めて外出した際の映像を交え、GACKTの現在の暮らしぶりに迫る。撮影は普段はフィリピンで暮らすGACKTの姉が担当。撮影者が姉だからこそ見せるGACKTの素の表情にも注目だ。

『直撃!シンソウ坂上』

 ロックダウン中、自宅にこもりきりだったというGACKTは、一部緩和されたため、およそ2か月ぶりに姉と共に買い物へ。部分的な解除ということで、買い物以外の外出は禁じられており、車に同乗できるのも2人まで。

 GACKTが訪れたのは、クアラルンプールの中心にあるマレーシア最大級のショッピングモール「PAVILION」。駐車場の入口で検温を済ませたGACKTは、自らの運転で駐車場へ。クアラルンプールでは、係員に駐車を任せるバレーパーキングが主流のため、自身で駐車することはほとんどないというGACKTは、駐車場で意外な弱点を明かす。

『直撃!シンソウ坂上』

 マレーシアで、富裕層向けの不動産ビジネスも手掛けるGACKT。しかし、新型コロナウイルスの影響で、物件の内覧もままならず、2月頃から売り上げはゼロだという。そんな厳しい状況の中、GACKTは、5月から海外居住者や海外移住希望者に向けた新ビジネスをスタートさせていた。GACKTが始めた新ビジネスとは。

 さらに、ステイホーム期間中、愛犬のトレーニングを行ったり、「自粛の歌」を披露するGACKTの貴重な映像なども公開される。

『直撃!シンソウ坂上』
フジテレビ系
2020年6月11日(木)後9時~9時54分

<出演者>
MC:坂上忍
VTR出演:GACKT
ゲスト(五十音順):カズレーザー(メイプル超合金)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、本仮屋ユイカ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/shinsou/
公式Twitter:@ss_fujitv

©フジテレビ