番組史上初!『もしもツアーズ』新人アナウンサー・渡邊渚が四代目ガイドに就任 | TV LIFE web

番組史上初!『もしもツアーズ』新人アナウンサー・渡邊渚が四代目ガイドに就任

バラエティ
2020年08月28日

バラエティー番組『もしもツアーズ』(フジテレビ)9月5日(土)の放送回より、新人アナウンサー・渡邊渚が「四代目もしツアガイド」に就任することが決定した。併せて、渡邊アナへのインタビューも到着。

2002年よりスタートした『もしもツアーズ』では、2010年まで坂下千里子が初代もしツアガイドを、2011年から2017年まで平愛梨が二代目もしツアガイドを、2017年から2020年3月まで福原遥が三代目もしツアガイドを務めてきた。

キャイ〜ンや豪華ゲストとさまざまな場所をめぐり、見どころやオススメのポイントなどを紹介しながら大いに番組を盛り上げてきた3人。渡邊アナはそんな先輩たちがつないできたバトンを受け取り、アナウンサーとして初めてもしツアガイドを務めることになる。

渡邊アナは、2020年4月にフジテレビへ入社。「笑いは人の薬」というモットーを持ち、バラエティー番組で出演者の話を引き出しながら、視聴者に元気や笑いを届けられるようになりたいそうだ。

建築模型作りが趣味で、小さい頃から“自分の街”を想像しては、ノートに街を描いていたという渡邊。そんな彼女が、新人もしツアガイドとして訪れた場所をどのように紹介していくのか目が離せない。

初めてもしツアガイドを務める9月5日(土)の放送回では、ゲストに小林麻耶を迎えて、この春に誕生したばかりの横須賀コースカベイサイドストアーズを巡る。横須賀港に面し、海辺の景色を楽しむこともできる、地上6階建てで100を超える店舗が入る大型ショッピングモールだ。

モール内には、地元の海産物や横須賀名物がお得に買える観光客向けの店舗と、横須賀で暮らす人たちが生活必需品をお得に買える地域密着型の店舗がそれぞれ揃う。さらには巨大フードコート、映画館やボウリング場、スポーツアスレチックもあり、家族で1日中楽しめるスポットとして、今大きな注目を集めている。

『もしもツアーズ』一行は、オーシャンビューのロケーションの中、目移りするほど豊富で新鮮な地元の魚介や野菜に大興奮。横須賀ならではのさまざまなグルメや総菜に舌鼓をうち、子どもから大人まで楽しめる次世代のアスレチックにも興じて、横須賀コースカベイサイドストアーズの魅力を余すことなく届けていく。

初収録を終えた渡邊アナは「まだまだ学ぶことがたくさんありますが、少しずつ経験を積んで成長していきたいと思います。ウドさんから“なぎ〜”というあだ名も付けていただき、次のロケもとっても楽しみです!」と、今後への意気込みを見せた。インタビュー全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2