濵田崇裕が牛に!?ジャニーズWESTが鳥取&広島で対決ざんまい『冒険したってええじゃないか』10・18放送【コメントあり】 | TV LIFE web

濵田崇裕が牛に!?ジャニーズWESTが鳥取&広島で対決ざんまい『冒険したってええじゃないか』10・18放送【コメントあり】

バラエティ
2020年10月17日

『GO!GO!WEST!!冒険したってええじゃないか ご当地ビックリ対決 in 中国地方』

ジャニーズWESTが、冒険しながらご当地チャンピオンに戦いを挑むスペシャル番組の第6弾『GO!GO!WEST!!冒険したってええじゃないか ご当地ビックリ対決 in 中国地方』(カンテレ)が、10月18日(日)に放送される。

約1年ぶりとなる今回の舞台は、中国地方の鳥取県と広島県。鳥取砂丘を滑り降りる”サンドボード”や、川下り&障害物競走、牛そり逆転レースなど、ジャニーズWESTが7人で力を合わせて熱い戦いを繰り広げる。

オープニング対決は、鳥取砂丘での“サンドボード”。2人1組でサンドボードに乗り、砂の斜面を滑り降りて、その滑走距離を競い合う。傾斜30度の急斜面に「ヤバい!」「アカンて!」とビビりまくるメンバーたちは、なかなかバランスを保つことができず、練習では転倒を繰り返してしまう。

続いて、鳥取市千代川で行われている“川下りレース”に挑戦。川を泳ぎ、陸を走り、障害物に挑む過酷なレースとなるが、障害物競走では、鮎のつかみ取り、豆腐ちくわの早食い、あめ探しと1周ごとに障害物がチェンジ。7人がそれぞれ得意な種目を担当し、総力戦でチャンピオンに挑む。

また、広島県三原市で挑む“牛そり逆転レース”では、重さ250キロのそりに1人が乗り、総重量約300キロのそりを4人で引っ張って往復50メートルの速さを競い合う。そりの上に乗る濵田崇裕が牛の全身タイツ姿で登場し、苦笑いを浮かべるメンバーたちは、あまりの重さにヘトヘトになりながらも必死にそりを引っ張る。

そして、世界的に人気が高まっているけん玉の発祥地・広島県廿日市市では、世界一に輝いたチャンピオンと、けん玉対決を実施。次々とスゴ技を繰り出すチャンピオンに重岡大毅、小瀧望、藤井流星が挑む。

最後にジャニーズWESTが挑むのは、広島県の“県民スポーツ”と言われる「エスキーテニス」。テニスと卓球とバドミントンを合わせたようなスポーツで、シャトルのようなボールを小さなラケットで打ち合うが、濵田がまさかの奇跡を連発する。

  1. 1
  2. 2