上白石萌音&菜々緒、“応援団長になりたい”少年の全力エールに感涙「言葉にならないです…」

バラエティ
2021年01月04日

『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか2021』

1月10日(日)放送の『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか2021』(TBS系 後6・30~9・54)で、上白石萌音と菜々緒が「応援団長になりたい」という夢をかなえた少年からのエールに涙する。

明石家さんま&中村玉緒の名コンビで贈る恒例のお正月番組。これまでも“テレビの持つプラスの力を集結して、人々の夢を叶えたい!”というコンセプトのもと、毎年笑いと感動を与えてきた。27年目となる今回も、コロナ禍の今だからこそかなえられる夢を、番組が知恵をしぼって実現する。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でできなかったことが多かったためか、夢の応募だけで例年よりも多い1万通が集まり、「番組史上最大数の夢」と題した3時間30分スペシャルで多くの夢実現の瞬間を送る。

番組に届いたある小学6年生の少年からの切実な夢。それは、小学1年生のころから憧れ続けてきたものの、新型コロナウイルスの影響でかなえられなくなってしまった「運動会で応援団長になる」という夢をかなえてほしいというもの。

少年の夢をかなえるため、番組は最強の応援団員を招集。応援団長のサポート役として、昨年誰よりも応援され、“応援のありがたみを知っている人物”アンジャッシュの児嶋一哉を招集。さらに日本最大級の応援団の協力も実現し、最強の布陣で夢の実現を目指す。

『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか2021』

本番は、スタジオと中継をつなぎ、司会のさんま、そして1月12日(火)スタートの火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』に出演する上白石萌音と菜々緒を応援する。

上白石と菜々緒を応援するため、同作で共演中の玉森裕太や、ドラマのスタッフに2人について徹底的にヒアリング。少年の魂のこもった全身全霊のエールに、菜々緒も「言葉にならないです…」と思わず涙する。

いっぽう、少年が登場した時点で既に涙していたという上白石は「元気になりました!」と語り、少年の応援に力をもらう。

また、上白石はある女性の夢実現のため、人生初のサプライズロケにも参加する。

©TBS