EXIT&フワちゃんが地上波MC初タッグ「絶対ゴールデン行ける!」ドッキリ×探り合いロケにキスマイ二階堂高嗣ら参戦

バラエティ
2021年01月16日

EXITとフワちゃんがMCを務める『「見破れ!アクター&リアクター」~全部知っているのは誰だ!?~』(TBSほか 後2・00~2・54)が1月23日(土)に放送される。

この番組は、1人だけが“ドッキリの仕掛け”を全て知っていて、一連のリアクションからその人を見破っていく、“人狼ゲーム”のような探り合いが見どころの疑心暗鬼バラエティ。

EXITとフワちゃんがMCでタッグを組むのは地上波初。テンションMAX&相性ばっちりの3人が“探り合いロケ”をスタジオで見守り、怪しい人物を予想していく。

ロケに出るのは、小峠英二(バイきんぐ)、あばれる君、坂口涼太郎、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、ほのか、丸山礼の6人。

ロケ地に集合したメンバーには、「旅のしおり」が配布される。5人のしおりにはざっくりとした旅の内容のみが書かれているが、通称「アクター」と呼ばれる1人のしおりには、旅の所々に仕掛けられた“ドッキリ要素”が全て書き込まれている。ロケ中、アクターはドッキリだと知りつつも、引っかかったようにリアクションを取らなければならない。

最後の結果発表まで、ロケメンバーの誰にも“演技”を見破られなければ「アクター」の勝利となる。旅のお代を懸けた心理戦ロケはどんな展開を見せるのか。

熱海の観光スポットを巡るロケに出た6人は、開始早々からアクターを見破るための探り合いを始める。所々に仕掛けられたドッキリが発動するたびに「今の○○さんのリアクションは怪しかった!」などと探り合いはヒートアップ。それぞれの怪しさが増していき、誰も信じられない状況に緊張感はどんどん高まっていく。

スタジオでは、今までにない斬新な設定に「絶対ゴールデン行ける!」(りんたろー。)、「『さんま御殿』の裏でも戦える!」(フワちゃん)とMC3人もハイテンション。「小峠さんのテカリ方はアクター」(兼近)など、独自の視点でユニークな予想を展開していく。「(小峠とあばれる君の)ツルツル2人組は分かりやすそう(笑)」と最初は自信満々だったフワちゃんも、怪しい人物が多数浮上する事態に大混乱。果たして3人はアクターを見破ることができるのか。

『見破れ!アクター&リアクター』

フワちゃん コメント

仲良しのEXITと一緒にMCをやって、遊んでる時みたいなお茶の間感覚で楽しかった! まるで宅飲みしてるみたいな感じ(笑)。
人狼の番組はいろいろあるけど、スタジオを飛び出してロケでやるって見たことなかったから斬新でめっちゃ面白い。この番組なら、『さんま御殿』の裏でも戦えると思う!(笑) EXITと3人で「アクター&リアクター」ってポーズ取ってるポスターが今から想像できるもん。キャスティングにも口出しちゃったりしてね(笑)。でもいろんなジャンルの人が出られる内容だし、絶対楽しいと思う。夢だね!
ちなみに私も「アクター」やれる自信あるよ。仕事に遅刻する時にまだ家すら出てないのに、「タクシーの運転手さんが道間違えちゃって」とかよくウソついてるから慣れてる(笑)。

りんたろー。(EXIT)コメント

ドッキリだけでも普通に楽しいのに、それに「演技してるのは誰か」という要素が加わってとても面白い番組だと思います。絶対ゴールデン行ける! って思いましたもん。それくらい見ている側としても楽しめました。
フワちゃんと3人でのMCは初めてですけど、仲良しなので家でテレビ見ているような感覚でしたね。ただ、僕ら3人集まると色合いはえぐいっすね(笑)。
もしこの3人で探り合いロケをしたら、絶対に僕が見破られると思います。ウソつくの苦手だから、自分から言っちゃうかな…。でもそれがもう一周して「あざとい」みたいに言われそう(笑)。
とにかく、何も考えずに楽しめる番組だと思うので、ぜひご覧ください!

兼近大樹(EXIT)コメント

フワちゃんと3人でのスタジオは、家でテレビを見ている感覚でリラックスしながら楽しめました。途中、「なんでCMないんだろう」って本気で言っちゃったくらい(笑)。
番組の内容も、今までにないスタイルでめちゃくちゃ面白かったです。きっとこの番組の企画をひらめいた方も、「キター!!」と思っているでしょうね(笑)。今はYouTube とかもあるけど、テレビだからこそできる企画だなと思いました。ぜひTBSの偉い方に頑張っていただいて、レギュラー狙いたいです!(笑)
僕が今見破りたいことといえば…フワちゃんの家。引っ越した家はまだ知らないから、早く見破りたいと思っています。(フワちゃん「こいつすぐバラすから絶対嫌だ!」)

©TBS