アンガ田中、インテリ芸能人集結にボヤき「東大がいたらかすむんすよ!」『ネプリーグ』

バラエティ
2021年02月01日

『ネプリーグ』

2月1日(月)放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系 後7時~8時)は、男子インテリチームと女子インテリチームが対決する。

男子インテリチームは、向井慧(パンサー)、田中卓志(アンガールズ)、太田裕二、青木源太。女子インテリチームは、福岡みなみ、藤本万梨乃(フジテレビアナウンサー)、のだこころ、ゆりやんレトリィバァが参戦する。

『ネプリーグ』

1stステージは、音楽のリズムに合わせて英語の和訳や画像問題をテンポよく答える「ノンストップDJ」。男子インテリチームは、名門大学出身の芸能人が集結する中、広島大学卒の田中が、東大卒の太田に「東大がいたら(広島大学が)かすむんすよ! 広島大学は広島の東大だからね!」と広島大学のすごさを猛アピール。青木は、「元日テレアナなので日テレを背負ってきていますので、フジテレビの藤本アナをライバル視しています」と気合を見せる。

『ネプリーグ』

お寿司のネタにまつわる問題では、順調に正解を重ねるが、生魚が苦手な向井が「これ何!?」と大パニックに。対する女子インテリチームの広島県出身・東京理科大卒の“リケジョ”福岡は、「広島を田中の気持ち悪いイメージから爽やかに変えていきたい」と田中に対して攻撃を仕掛ける。

『ネプリーグ』

2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題に1人1文字ずつ解答し、全員で6文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグプラス」。男子インテリチームの田中から「間違えた人に徹底的に文句を言っていいチームにしましょう」とスパルタな提案が。この提案により名倉潤が問題に悩みまくり、謝りまくり、落ち込みまくる。

『ネプリーグ』

対する女子インテリチームのゆりやんは「さっき名倉さんがムチで打たれているのを見て緊張が…」と恐れおののく。東大卒の藤本アナは常識問題に苦戦し、天の声から「どこの大学でしたっけ?」と追い詰められることに…。

『ネプリーグ』

3rdステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答える「ハイパーボンバー」。パーフェクトを取って勢いをつけたい女子インテリチームは、キャプテンの原田泰造が「今日は全体的に空気が悪いから本当に真剣にいきましょう!」と気合を入れるも、堀内健に「空気を悪くしているのは誰のせい?」とツッコまれ、けんかが勃発。ネプチューン同士のけんかに、福岡は「皆小学生みたいなことはやめよう」と冷静にツッコむ。

対する男子インテリチームは、田中が「誰も怒らずに終わればすてき」と1日中怒っていたことを反省。果たして、笑顔で終われるのはどちらのチームなのか。

©フジテレビ