とにかく明るい安村が“突破ドラマ”初出演「草薙のバイトシリーズ」も『THE突破ファイル』

バラエティ
2021年06月17日

6月17日(木)放送の『THE突破ファイル』(日本テレビ系 後7・00~7・56)で、とにかく明るい安村が突破ドラマに初出演する。

とにかく明るい安村が登場するのは、人気企画「突破交番」。日本全国には“魔のカーブ”と呼ばれる、ドライバーにとって危険な事故が起きやすいカーブがいくつか存在。突破署の近くにある峠道では、原因不明の交通事故が多発。付近には他にも似たようなカーブが何か所かあるのだが、なぜかいつも同じ場所でガードレールに激突するケースが頻繁に起きていた。

そして、今回もまた若者が事故を起こしてしまった。同乗していた女性とドライバーは大事に至らなかったが、なぜかいくらハンドルを切っても曲がれなかったという。この場所は、急カーブではあるが見晴らしもよく、道は平坦。スピードが出る要因はない。もちろんドライバーも減速しながら運転。車も整備したばかりで異常はなかった。

その時、現場検証をしていた兼近巡査(EXIT・兼近大樹)は、崖の上に建つ保養所から事故現場を見ている怪しい人影を発見。警察に気付かれたと知ったその人物は、足早に去っていった。

捜査を続けると、3年前から不審な事故が増え始めていることが判明。例の保養所も3年前に建てられたことが分かり、兼近たちは保養所で関係者から話を聞くことに。

彼らが対面したのは保養所の管理人(とにかく明るい安村)で、兼近が目撃したあの怪しい人物だった。保養所はかなり広い施設になっていて、温泉まである充実ぶり。管理人は突然やって来た警察の質問に対して面倒くさそうに答えるが、事故との関連は…。

どんなにドライバーが気を付けて運転しても事故が起きてしまう“呪われた場所”。人為的なのか、それとも偶然か。保養所との関係も気になるところだが、突破署の面々が衝撃の原因を導き出す。

突破ドラマ初出演のとにかく明るい安村は、髪形をはじめ、ビジュアルを変えながら、ネタをやっているときの笑顔を封印して、何を考えているのか分からない不気味な管理人を熱演している。

「草薙(宮下草薙)アルバイトシリーズ」では、高波にさらわれた少年の救出劇を。草薙航基が「『ダイ・ハード』みたいだった」と語る、アクションあり、感動エピソードありの突破劇を送る。

「芸能人の突破劇」では、高梨臨が自宅でピンチに陥った時の驚きの対処法を紹介。日向坂46の佐々木久美、高本彩花も驚く突破方法を明かす。

『THE突破ファイル』
日本テレビ系
2021年6月17日(木)後7・00~7・56

この記事の写真