『金スマ』おいでやすこが奇跡の大ブレイクまでをドラマ化 売れない時代を支えた妻から感動メッセージ

バラエティ
2021年06月18日

6月18日(金)放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系 後8・57~10・00)は、前回に引き続き2021年上半期にブレイクした人気芸人たちが集結する。

登場するのは、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、おいでやすこが(おいでやす小田、こがけん)、バイク川崎バイク、KOUGU維新(プラスドライバ、平やっとこ)、Everybody(タクトOK!!、かわなみchoy?)、東京ホテイソン(たける、ショーゴ)、やす子、ワタリ119、エルフ(荒川、はる)の総勢15人。

今回は「おいでやすこが」を大特集。昨年の『M-1グランプリ』でピン芸人同士のコンビとしては史上初となる準優勝を果たし、現在バラエティ番組をはじめ引っ張りだこの2人だが、ブレイクするまでには長い長い苦労があった。

番組では、“おいこが”が奇跡の大ブレイクを果たすまでを完全ドラマ化。芸人デビューからコンビ解散、バイト生活、スベり続ける日々。20年間、苦汁を舐め続けたおじさん芸人2人が見せたシンデレラストーリーを完全再現する。その成功の裏にあった、2年前の妻からのひと言とは。

さらに、ピン芸人として活動してきた2人の過去にも迫る。「見た目がだいぶ気持ち悪かった」と語るのは、小田の元相方・モンスターエンジンの西森洋一。尖りすぎていたという養成所時代の小田のエピソードが明らかになる。

いっぽう、「就活で博報堂とか電通を受けていた」という慶應義塾大学卒業の超エリートこがけん。彼は一体なぜ芸人になったのか。しかも、わずか4か月で引退? 芸人人生の大恩人・大物芸人Jとは一体誰なのか。

2人の波乱万丈な芸人人生を振り返り、小田の「大声ツッコミ」、こがけんの「歌ネタ」の誕生秘話も公開する。

そのほか、貴重映像も大放出。情報番組でレポーターに初挑戦し、空回りしまくる小田の爆笑映像を公開。こがけんのコンビ時代の超貴重ネタ映像も登場し、そのとんでもキャラに大ピンチに。

スタジオトークでは、こがけんの仲良し先輩芸人であるレイザーラモンRGからのメッセージにスタジオ大爆笑。「こがけんにどうしてもやってほしい!」というお願いとは。

そしてラストには、売れない時代を支え続けた妻からのサプライズメッセージが届く。

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』
TBS系
2021年6月18日(金)後8・57~10・00

<MC>
中居正広

<ゲスト>
見取り図(盛山晋太郎、リリー)
おいでやすこが(おいでやす小田、こがけん)
バイク川崎バイク
KOUGU維新(プラスドライバ、平やっとこ)
Everybody(タクトOK!!、かわなみchoy?)
東京ホテイソン(たける、ショーゴ)
やす子
ワタリ119
エルフ(荒川、はる)

<進行>
宇内梨沙TBSアナウンサー

この記事の写真

©TBS