片桐仁の新相方が青木さやかに決定 即席ユニット「母と母」で『キングオブコント』に参戦

バラエティ
2021年06月27日

元ラーメンズで俳優としても活躍しているお笑い芸人の片桐仁が、6月26日に自身がパーソナリティを務めるTBSラジオ『エレ片のケツビ!』に出演し、『キングオブコント』2021年大会に一緒に挑戦する相方が青木さやかに決定したことを発表した。

同番組の企画として『キングオブコント』に挑戦する片桐の相方を募集したところ、芸人や俳優など10組以上の相方希望者が現れた。そこで片桐と共にパーソナリティを務めるエレキコミックのやついいちろうが開催した「YATSUI FESTIVAL!2021」のステージで片桐が候補者13人からなる10組全てとユニットを組んでネタを披露。

その後、番組へと寄せられた観覧者投票でユウキロックとの「こなおとし」が404ポイントで3位、高木ひとみ○(まる)との「 じん〇(まる)」が811ポイントで2位に。そして青木との「母と母」が906ポイントを獲得して1位となり、『キングオブコント2021』に1回戦から出場し、優勝を目指すことが決定した。

片桐は「10組とやったらみんな好きになってしまい自分では選べなかったですが、決まりましたので頑張ります。“母と母”はリスナーの方からいただいた2分のネタしかないですので、さらに募集したいと思います。なにせこれから1回戦ですから」と述べると、相方の青木は「ネタは苦手な方で20年近くやっていませんでした。片桐さんと組んでコントをやらせていただいたらもう楽しくてしょうがない。お客さんの前でネタを披露するライブ感覚もよみがえってきたようです。既に新しいネタも考えています」と意欲満々。

一方、片桐の背中を推すエレキコミックのやついは「4月から番組でやってきましたキングオブコント優勝への道! 2人ともショーレースに出たことが1度もない片桐、青木コンビですからフレシュです。なにより同じ年ですし、今乗っていますからある意味最強です。まあ落ちても『M-1』がありますから(笑)」とやついならではのエールを送った。

今立進は「最近は若手の勢いがすごいですけれども、やっぱ40代も負けてないぞというところを遺憾なく発揮してくれると思います!母と母ガンバレ~!!」と片桐と青木の活躍に期待を寄せた。

この記事の写真

©TBS