『24時間テレビ』「募金リレー」アンカーにTOKIO・城島茂が登場「明日への一歩につながれば」

バラエティ
2021年08月22日

日本テレビ系で放送中の『24時間テレビ44』で、チャリティー縦軸企画「復興への想いをつなぐ募金リレー」が進行中。

アンカーとなる第10走者には、TOKIOのリーダー・城島茂が登場。King & Prince・岸優太、卓球男女混合ダブルス金メダリストの水谷隼選手、フィギュアスケート金メダリストの荒川静香、レスリング金メダリストの川井梨紗子&友香子姉妹、ラグビー元日本代表の五郎丸歩、ロンドンオリンピック体操代表・田中理恵、ボクシング世界3階級王者・長谷川穂積、女子サッカー元日本代表・丸山桂里奈、女子バスケットボール銀メダリスト・林咲希選手とつないできた想い、福島への想いを胸に走る。

城島は「震災から10年、福島で走れることにご縁を感じます。その後もいろいろな災害があり、大変な方が全国にいらっしゃいますが、僕たちの走りが明日への一歩につながればいいなと思います。1人で走るのではなく、お世話になった多くの方々の想いを胸に、みんなで走るので楽しみです」とコメントした。

「復興への想いをつなぐ募金リレー」は、東日本大震災や熊本地震、さらにここ数年日本各地で発生した数々の豪雨災害の被災地を支援するために行われるチャリティー企画。復興を目指す被災地への想いを胸に合計10人のランナーが、リレー形式で約100キロの距離を走る。

<これまで走ったランナー>
第1走者:King & Prince・岸優太
第2走者:東京オリンピック卓球男女混合ダブルス金メダリスト・水谷隼選手
第3走者:トリノオリンピックフィギュアスケート金メダリスト・荒川静香
第4走者:東京オリンピックレスリング金メダリスト・川井梨紗子、友香子選手
第5走者:元ラグビー日本代表・五郎丸歩
第6走者:ロンドンオリンピック体操代表・田中理恵
第7走者:ボクシング世界3階級制覇・長谷川穂積
第8走者:女子サッカー元日本代表・丸山桂里奈
第9走者:女子バスケットボール銀メダリスト・林咲希選手

『24時間テレビ44』
日本テレビ系
2021年8月21日(土)後6・30~8月22日(日)後8・54

この記事の写真