『オモウマい店』真夏に約14段のロングソフトクリームに挑む人々を徹底取材

バラエティ
2021年08月31日

8月31日(火)放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系 後7・00~7・56)に、約14段もあるロングソフトクリームを提供する福井県の「吉田食堂」が再び登場する。

6月29日に放送した、人の顔よりも長い約14段のロングソフトクリームを、たった130円で提供する福井県越前市にある「吉田食堂」。子供だけでなく、大の大人やご年配の方々も手をベタベタにさせながらソフトクリームにかぶりつく様子が話題になった。

放送後の週末、吉田食堂を訪ねると老若男女さまざまな年代の人からなる長い行列が出来ていた。中には「この前テレビで見てよかったから」と車中泊を挟んで10時間以上かけて茨城県から来たという人も。昔ながらの味わいの「中華そば」や、約6人前もある「他人丼大盛り」といった名物メニューも変わらず人気だが、やはり大半の人がロングソフトクリームを注文する。

真夏のソフトクリームは溶けるスピードがとてつもなく早く、食べ始めて数分で水滴のごとくぴちゃぴちゃとクリームが垂れてしまったり、溶けて形がゆがみ今にも倒れそうになることも。そこで今回は「ロングソフトクリーム~真夏編~」と題して、30度を超える暑さの中で人々がロングソフトクリームに挑む姿を取材。倒してしまう人、手がベタベタになってしまう人、一滴もこぼさす食べる人など、数日間にわたり500人以上を撮影した。

小学3年生の男の子2人も、あっという間に溶けていくソフトクリームにチャレンジ。こぼさないように必死になるうちに、気が付けばとんでもない体勢に。「ソフトクリームを食べるのはプロやで」と豪語する少年は、母親も「なんかうれしいです」と感動する見事なテクニックを披露する。

お客さんの中には、前回その食べっぷりをヒロミ、小峠英二らスタジオメンバーから絶賛された中学生・多田君の姿も。コーンを絶妙に使った多田君のテクニックと、暑さで溶け出すソフトクリームの対決は必見だ。

『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』
日本テレビ系
2021年8月31日(火)後7・00~7・56

この記事の写真