• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

亀梨和也、初恋愛映画でセクシー封印!「セクシーが漏れ出ないように」映画「PとJK」完成披露パーティ

101294_01_R 映画「PとJK」の完成披露パーティが行われ、主演の亀梨和也、土屋太鳳をはじめ、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登壇した。

 本作は、三次マキの同名少女コミックの実写化。マジメな警察官(Police)の功太(亀梨)とピュアでまっすぐな女子高生(JK)のカコ(土屋)が織りなす、結婚から始まるピュアラブストーリー。

 オープニングセレモニーとして、「わたくしはこの映画を通じてみなさまを幸せにすることを誓います」(亀梨)、「カコちゃんの幸せを全力で伝えることを誓います」(土屋)と映画のヒットに向けて宣誓し、ケーキカットならぬ2人によるバルーン入刀が行われた。

 完成披露舞台挨拶では、本作で本格的な恋愛映画に初挑戦した亀梨は、司会者から「今までのセクシーでスマートなイメージとは違うが…」と紹介されると「やっぱりセクシーは常に出てしまうので(笑)、監督の指示のもと、グッとセクシーな部分をなるべく漏れ出ないように抑えました」とにっこり。

 そんな亀梨との共演について聞かれた土屋が「正直に言いますと…」と少し恐縮した様子で話し始め、亀梨が「ちょっと!“私大嫌いなんですよ、この人!”とか言わないでよ?(笑)」と慌てる一幕が。「クールだと思っていたんですが、こういった面白い部分もあって。あと、お話をしていて行動や身のこなし方がスマートで私が気づいていない間に気を遣ってくださったりして、“大人の男性ってすごいんだな。王子様に会うってこういう感じなのかな?”って思いました」(土屋)というコメントに「セクシー出てた?」(亀梨)とおちゃめに聞くと「それは分かんない」(土屋)というやりとりが。

 また、土屋演じるカコの父親役の村上も「亀梨くんとのシーンが圧倒的に多くて、数時間単位で顔が主人公になっていく様を見て“すごい集中力が高いな”って。功太と男同士で飲んでいるシーンは亀梨くんとのシーンで心のやりとりができて一番好きですね」と亀梨の印象を明かした。

 それぞれが演じた役柄について聞かれると「最初の本読みのときに監督から“もっと不良っぽく!”て言われて、全体の本読みの後にひとりだけの本読みがあったんです。大丈夫かなって不安だったんですが、撮影はすごく楽しかったです。あと、不良少年で金髪にしていたこともあって、みんなが近づいてこなくて…。だから寂しい学園生活を送っていたんですけど、(劇中の)文化祭シーン以降はみんなと話して楽しくワイワイしました」(高杉)、「カコの親友役で、わりとお姉ちゃんで引っ張っていくタイプ。でも。撮影外のところでは(土屋に)助けてもらっていました」(玉城)、「功太の上司の女性警察官役なんですが、どれだけ亀梨さんより年上に見えるかっていうのは気にしながら演じました。でも、監督がひとりひとり映画の世界の中で人物像を作り上げてくださるので、とても勉強になりました!」(大政)とコメント。

 亀梨と同じ事務所で後輩の西畑が「西畑さんだぞっ!」とあいさつすると、亀梨が「アイドルさが出てるね。もっとこうしないと!」とアドバイスする場面が。さらに、同年代が多かった現場の雰囲気について西畑は、「最初は人見知りな部分が出て、控え室では誰もしゃべっていなくて。そこにセクシーでスマートな亀梨くんが着て“西畑くんダメだよ。ジャニーズなんだから、エンターテイナーなんだから盛り上げないと!”って言ってくれて。演じる二郎もムードメーカーなので、頑張ろうって思って交流して仲よくなれました。亀梨くんのおかげです!撮影で行っていた函館での1ヵ月間で真宙くんとはいろんなところにデートしました」とエピソードを明かした。

 最後に「いろんな世代の方に見てもらえる作品で、きっと気に入ってもらえると思いますので応援してくださるとうれしいです」(廣木監督)、「見ていただいた後にハッピーで温かい気持ちになっていただける作品です。みなさんがどんなふうなリアクションや感想を持ってもらえるのかドキドキしてますが、楽しんでください」(亀梨)とメッセージを送った。

最高にハッピーなラブストーリーの映画「PとJK」は3月25日(土)より全国ロードショー!
出演:亀梨和也/土屋太鳳/高杉真宙/玉城ティナ/西畑大吾(関西ジャニーズJr.)/村上淳/ともさかりえ/大政絢/田口トモロヲ
原作:三次マキ『PとJK』(講談社「別冊フレンド」連載)
監督:廣木隆一 脚本:吉川菜美 音楽:大橋好規
劇中曲:ブルーノ・マーズ「マリー・ユー」(ワーナーミュージック・ジャパン)
公式サイト:http://ptojk.jp/
配給:松竹
©2017「PとJK」製作委員会」

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える