• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

橋本マナミがナース姿で胸の谷間を…『女囚セブン』でのセクシーオフショット公開

118845_01_R 橋本マナミが、5月12日に放送されるテレビ朝日系『女囚セブン』((金)後11・15ほか)の第4話で“エロ狐”に変身。その姿がセクシーオフショットと共に公開された。

 劇中での衣装は終始ピンクの囚人服で、きっちり第一ボタンまで留めていることが多く、「エロを封印しています」と語っていた橋本。しかし、休憩時間や撮影の合間などでは「セクシーなポーズ、してみる?」とスタッフのカメラに向かってポーズをとってみたり、豊満な胸の谷間をちら見せしてみたりとノリノリで悩殺し、周囲を盛り上げているという。

 ドラマは、女子刑務所を舞台にした異色の群像コメディ。主演の剛力彩芽が無実ながら殺人の罪をかぶった謎多き京都の芸妓・神渡琴音に扮し、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本、木野花、安達祐実演じるアクの強い女囚たちと激突。女囚たちをやり込める剛力の痛快な啖呵も話題になっている。

 第4話は、橋本演じる有名美容整形外科の看護師だった全身整形の女囚、“ナース”こと矢島千鶴香の過去が描かれるストーリー。病院長との不倫の末、医療ミスを犯し、業務上過失致死罪で服役中の千鶴香。その医療ミスで死なせてしまった患者が、病院長の妻、つまり“不倫相手の妻”だったことが判明。さらに、千鶴香が狐に憑かれてしまうシーンも登場する。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える