• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中島健人「マジ大好きだわ!」ここさけメンバーに愛を叫ぶ

131020_01_R 映画「心が叫びたがってるんだ。」の初日舞台あいさつが行われ、中島健人(Sexy Zone)、芳根京子、石井杏奈、寛一郎らキャストと熊澤尚人監督が登壇した。

 本作は2015年に公開された劇場アニメーションの実写化。他人に本音で向き合うことが苦手な少年・坂上拓実(中島)と、幼いころのある出来事が原因でしゃべると腹痛に襲われる成瀬順(芳根)、そして恋をすることを諦めた仁藤菜月(石井)と野球部で夢を諦めた少年・田崎大樹(寛一郎)が織り成す、すれ違いながらも目の前の大切な気持ちを伝えようとする4人の姿が心を打つ、青春共感ラブストーリー。

 初日を迎え、中島は「愛すべき今日に、愛すべきこの作品を皆さんにお届けすることができて、うれしさで心が叫んでます」と喜びのあいさつ。また、見どころを聞かれると中島は「作品の肝となるミュージカルシーン。歌や踊りをみんな日々頑張っていましたし、この歌や踊りに込められているメッセージを楽しんでほしい」と。さらに「このシーンだけは、監督から『ここはケンティでいてくれ』と許可が出たので…」と中島がコメントすると、熊澤監督から「そう。この映画の撮影では、王子禁止と王子解禁してたね」と。

 また、ほかのキャストは「(声を大に)全部!見どころがたくさんあるので、全部注目してほしい」(芳根)、「拓実(中島)と菜月(石井)が2人で歩いて話しているシーンは、お互いの本音を話し合うシーンで、気持ちがいろいろ込められています」(石井)、「4人でいるシーンは、仲の良さが画に出ていると思う」(寛一郎)とそれぞれコメント。

 熊澤監督は、この作品で伝えたいことについて「この映画から感じとれるのは、言葉が人を傷つけてしまうこともあれば、助けられることもあるということ。その感じたことを持ち帰って、日常生活の中で生かしながら前向きに生活してもらいたい」と。

 映画にちなみ、「自分を強くしてくれた○○は?」を聞かれると、「ポジティブシンキング!生きる上でポジティブでいたいと思っていて。明るい言葉に強くしてもらってる」(中島)、「(演じた)順です。今まで感じたことのない感情がたくさん生まれた撮影で、私自身も『こういう経験をすると人は強くなるんだな』と感じたので」(芳根)、「ここさけメンバー。監督をはじめキャストやスタッフの皆さんが優しくて。自分が優しくされたら、自分も人に優しくしたいという気持ちが強くなったし、人見知りも克服できたので強くなれました」(石井)と、作品愛などを明かしていく。すると、寛一郎は「みんながいいこと言ってるから…」と発言を躊躇するも、「僕を強くしてくれたのは“睡眠”です!寝るときは12時間寝ます」と告白すると、「12時間!?アメリカ行けるよ!」と中島からツッコまれる場面も。

 さらに、キャストのチームワークを確かめるため、“初日を迎えた今、ここで叫びたいこと”を「ここさけ」であいうえお作文に挑戦することに。打ち合わせをしていないというキャストたちだが、「こんにちは!」(寛一郎)、「このメンバーでここまで来れたのも」(石井)、「最高に最強な座長のおかげです。そんなうちの座長は…?」(芳根)、「ケンティです!」(中島)と、芳根のナイスパスであいうえお作文が完成。実は、芳根と石井と寛一郎は中島にいいパスを渡せるように事前に打ち合わせをしていたそう。これには「本当は“健気に生きる”って考えてたから…(笑)。ここさけメンバー、マジで大好きだわ!みんなに支えてもらってうれしさで叫んでます、ありがとう!」と中島がここさけ愛を叫んだ。

 最後に「この作品は言葉の色、重み、大事さを大切にしています。言葉は人を強くしますし、第2テーマでもある最高の失恋も、明日のあなたを勇気づけると思います。この最高の失恋映画で皆さんの明日がより良いものになりますように…。ぜひ、“ここさけ”を愛してください」(中島)とメッセージを送った。

映画「心が叫びたがったるんだ。」
全国絶賛公開中

公式サイト:http://kokosake-movie.jp/

配給:アニプレックス

©2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会©超平和バスターズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える