• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」吉高由里子主演『ユリゴコロ』予告編公開

133385_01_R 9月23日(土・祝)に公開される吉高由里子主演映画『ユリゴコロ』の予告編が公開された。

 沼田まほかるのベストセラーを原作に、『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)など手がけた熊澤尚人が監督を務める本作。解禁された予告編では、「一冊のノートが、僕の人生を狂わせたんだ」という松坂桃李の言葉とともに、殺人者の記憶を辿る導入部が映し出されていく。吉高由里子演じる「人の死」でしか満たされない絶望的な喪失を抱えた女が掴んだ、松山ケンイチ演じる男との運命的な出会い。ノートを通じてそんな過去の物語を辿っていく松坂。主題歌を担当するRihwaの書き下ろし楽曲『ミチシルベ』とともに過去と現代のシーンが交錯し、吉高、松坂、松山の三人が涙するシーンが映し出される。

 7月上旬に撮影が終了したばかりの現代パートの映像はこれが初公開。また同時に本ビジュアルも解禁され、「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」のキャッチコピーととも に、宿命に翻弄される吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチが三者三様の表情を浮かべている。

「ユリゴコロ」
9月23日(土・祝)より全国公開

出演:吉高由里子、松坂桃李/松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江

©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える