• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48・渡辺麻友「大好きなAKB48が永遠に続いてほしい」卒業公演開催

AKB48・渡辺麻友卒業公演 AKB48・渡辺麻友の卒業公演が12月26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で開催された。

 渡辺は2006年3期生オーディションに合格。翌2007年にチームBメンバーとして劇場公演デビュー。同年の4thシングル「BINGO!」で初の選抜入りをし、2009年7月に行われた第1回AKB48選抜総選挙では第4位にランクイン。そこからすべての選抜総選挙でトップ5入りという快挙を果たした。

 渡辺の“最後”の「初日」から始まった卒業公演。見納めのパフォーマンスにファンは水色の法被とツインテールの被り物でそろえ、卒業を祝った。

 渡辺が選抜した16人での「オネストマン」「BINGO!」と続き、自己紹介MCでは指原が「インスタ映えの景色だよ!」とファンの想いを讃えた。

 ユニットコーナーでは、山本彩、松井珠理奈との「パジャマドライブ」や、渡辺の後継者と指名している小栗有以、向井地美音との「君とc/w」を披露。横山由依との「夕陽を見ているか?」では「また偉大な先輩が卒業します」と横山のセリフで始まり、渡辺が横山を優しい笑顔で見つめ、抱き合う場面も。

 MCでは、渡辺とのエピソードを語り合うメンバー。小栗は、いつもかわいがられすぎてぐちゃぐちゃにされているという話を、向井地は上海のディズニーランドに小栗と麻友と3人で行った際「ディズニーでは足が速くて、めっちゃ泣く(好きなアトラクションでうれし泣き)」という意外なエピソードも披露した。

 盟友のまゆゆきりんで「てもでもの涙」と、いつかまゆゆと歌いたいと思っていたという「思い出のほとんど」の2曲を披露。いつもは渡辺のお母さんを名乗る柏木に対し、歌唱中泣きそうになったのを見た渡辺は優しいほほ笑みで見つめた。

 柏木に「お姉さんの顔してたね」とツッコまれると「ゆきりんのが先に泣きそうになってたから」と大人ぶるコメント。そんな態度を見た柏木は「かわいい~、大人になったね」と目を細めた。そんな2人を観ていた指原はリハーサルの時から泣いていたと語り「DVD出たら絶対買おう!」と完全にファン目線でコメントした。

 アンコールでは、渡辺のオーディション合格時からの11年間の軌跡映像が流れ、卒業ソング「サヨナラで終わるわけじゃない」を真っ白なドレスで熱唱。途中声を詰まらせる場面もあったが、グッと涙をこらえ最後までしっかりと歌い上げ、ファンに深々とお辞儀した。

 そして、自身にとってもファンにとっても大切な曲として「心のプラカード」を渡辺選抜16人で披露。続いて「約束よ」を歌い終えると、卒業を祝いに駆けつけた同期の多田愛佳、片山陽加、仲川遥香が登場。柏木が作ったというアルバムや、心のプラカードの衣装を着たむちちなどのプレゼントを手渡した。

 そして横山からの手紙が読み上げられると、最後までこらえていた渡辺も、顔をゆがめて涙。最後は「次を歌ったら終わっちゃうんだ…」と歌うのを延ばしていた渡辺だが、意を決し「私がAKB48を知るきっかけになったとても大切な曲で、私の11年間のAKB48人生をこの曲と共に締めくくります」と、出演メンバー全員で「桜の花びらたち」を歌唱し、卒業公演を締めくくった。

<渡辺麻友コメント(一部抜粋)>
本当に寂しいですね…さみしい…。AKB48が本当に大好きなので、さみしいんですけど、最後こんなにたくさんの素晴らしいファンの皆様に見守れて卒業ができるなんて、AKB48に入った当初の私は思い描くこともできなかったことなので、本当に幸せ者だなと思います。もうこのAKB48劇場に立つこともないんだなと思うと不思議だし、この舞台に立つことが11年間当たり前だったので、この当たり前が来年からなくなることが信じられないです。でも(横山)由依ちゃんの手紙がとっても頼もしくて、これからも頑張ってほしいし、見守り続けるし、自分もAKB48が大好きなただの一人のファンだったので、それでAKB48に入ってここまでやってきて、これからも大好きなAKB48が永遠に続いてほしいなと思っているので、会場に来ているみんなに気持ちを託して私はこのグループを卒業していきたいと思います。
11年間、たくさんの思い出、たくさんの深い愛を本当に本当にありがとうございました。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える