• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

木村佳乃が『相棒』で人生初の剃髪姿「見かけは三蔵法師みたいで面白い」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 木村佳乃がテレビ朝日系『相棒』の300回記念スペシャル(1月24日、31日(水)午後9・00)で、人生初の剃髪姿になった。

 木村は衆議院議員の片山雛子役で2004年から『相棒』に出演。したたか、かつ野心的で、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)とも対等に渡り合うキャラクターが人気を博していた。

 2016年の元日スペシャルで、雛子は共に次期政権の中枢を担うはずだった時の官房長官をテロで失い、議員を辞職。政治の表舞台からは姿を消していたが、今回、横領の罪で服役していた元法務大臣で僧侶の瀬戸内米蔵(津川雅彦)が出所するや現れて、いきなり出家を申し出る。

 2年ぶりの再登場に、木村は「300回という連続ドラマではそうそうない機会に、また皆さんとご一緒することができ大変うれしく思います」と喜び、「雛子を最初に演じたのは20代。長く演じている役は唯一これだけですから、私の俳優人生でとても意味のあるお仕事ですし、毎回とても温かく迎えてくださる現場で同じ役を継続でき、貴重で幸せなことだと思っています」と感謝。

 さらに「雛子のように転んでもただじゃ起きない女性を演じるのはなかなか面白いこと。今回、『雛子は出家します』と聞いたときは『えっ!?』と思いましたが、話の流れを考えると『なるほど』と納得しました」と言い、自らの剃髪姿について「見かけは三蔵法師みたいで面白いですよ(笑)。津川さんにはかわいいと言っていただきうれしかったです!」とコメントしている。

<300回記念スペシャル あらすじ>
 かつて杉下右京(水谷豊)に捕らえられ、横領の罪で服役していた僧侶で元法務大臣の瀬戸内米蔵(津川雅彦)が仮出所の日を迎える。身元引受人は兄弟弟子の蓮妙(高橋惠子)。その出所は、刑務所の門前で待ち構えていた『週刊フォトス』の記者、風間楓子(芦名星)による、『瀬戸内米蔵、美貌の尼僧に迎えられて娑婆へ』の独占記事で世に知られることとなる。記事を読んだ冠城亘(反町隆史)は、法務省の役人時代、大臣としての米蔵に不満を抱いていたことをふと思い出す…。

 実家の『徹正院』に戻った米蔵は、荒れた寺の再興を決意。そんな米蔵を、さっそく元衆議院議員の片山雛子(木村佳乃)が訪ねてくる。雛子は突然、米蔵に出家の意思を表白。驚く米蔵に得度式の執行を依頼する…。

 その後、『徹正院』には檀家総代の息子、常盤臣吾(矢野聖人)が顔を出すようになり、清掃など米蔵の手伝いを始める。その臣吾が、墓地の草取り中に、ほかの場所と比べて不自然に雑草が密集している場所を見つける。おもむろに臣吾がスコップで掘り始めると、なんと、大部分が白骨化した遺体が土の中から現れる。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える